プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3604 安倍総理に大記録の可能性

 政界にも史上記録更新の可能性が噂されている。一強の世界ならでのことなのだが、…。

1.独り言コラム
 史上記録更新と言えば、今年は、イチロー選手が生涯安打数で、ピートローズ選手の4256本を追い抜いて、今シーズン末で4308本まで伸ばした。もう誰にも破られることがないだろうという大記録である。▲自民党が総裁任期を今までの連続2期6年から連続3期9年に延長される見通しとなった。これによって、安倍総理大臣の総理在位が2021年秋まで大幅に延長される可能性が出て来た。▲安倍総理は、昨日現在総理在位日数は、通算で1850日に達していて、戦後の総理在位日数では、佐藤栄作(2798日)、吉田茂(2616日)の、小泉純一郎(1980日)に次いで4位まで上がって来ている。▲従って、若し3期9年となれば、2021年秋までの任期となり、数字の上では、MAX3644日の在位が可能となる。これは、今までの歴代総理の中で第1位の桂太郎氏の2886日を大幅に更新し、歴代総理の第1位となる。▲現実論として、そこまではないとしても、2020年のオリンピック後に勇退すると考えると、その在位日数は、およそ3280日となり、歴代第1位の総理の座は固い。それはまさしく、名誉総理であり、殿堂入りということになろう。安倍総理は、凄い総理ということになる。▲さて、話題は飛ぶが、井山裕太7冠は、昨日から名人戦第6局を戦っていて、若し、この対局に敗れると、7冠在位日数は、190日でストップとなる。これは将棋の羽生善治7冠が記録した167日を既に更新はしているが、意外と短命だったということになる。さあ、今日も勝ってさらに記録を伸ばすかどうか、ファンはやきもきである。

2.プライベートコーナー
 3時半起床。体重は、63.2kg。▲朝の散歩の段取りを変えた。今までは朝食前に行っていたが、数日前から、朝食を済ませて行うことにした。日の出時刻が6時過ぎになって来たためである。(16-10-27)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3605 連敗後の3連勝 | ホーム | 3603 張本氏に「大喝!」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP