プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3605 連敗後の3連勝

 7番勝負での連敗スタートは大変な重荷である。しかし、その後に3連勝すれば、一気に逆王手であり、「流れは我にあり」なのだが、…。

1.独り言コラム
 今年のプロ野球日本シリーズは、広島―日本ハムの初顔合わせである。広島で2連敗を喫した日本ハムが、舞台を札幌に移してからの3連捷で、日本一まであと1勝と迫った。注目の昨日の第5戦では1-1で迎えた9回裏に、2死満塁から、西川選手の満塁ホームランが飛び出して、歓喜のさよなら勝ちで優勝に逆王手した。▲勝負を決めた9回裏の攻撃で、微妙な内野安打、思わぬ死球などで、2死満塁となり、その好機に、西川選手の鮮やかなホームランが飛び出しての劇的な幕切れだった。▲舞台は広島に戻るが、日本ハムはエースの大谷翔平二刀流を温存しているので有利な展開と言えよう。しかし、勝負は何が起きるかわからない。広島の反撃が見ものである。
 囲碁の井山裕太7冠が、8月から始まった名人戦7番勝負で、出だし3連敗を喫し、7冠保持が大ピンチとなったが、その後、際どくカド番を凌ぎ、昨日の第6局にも勝利して、3連敗後の3連勝として最終局の決戦夷持ち込んだ。お見事である。▲来週に運命の第7局が行われる。果たして3連敗4連勝で、奇跡の名人防衛を果たし、7冠保持を果たせるのだろうか。ファンは固唾を飲んで見守ることになる。▲このシリーズの経過を伝える毎日新聞の見出しで味なものがあった。それは、井山7冠が3連敗した時の見出しが、「井山7冠に黄信号」とあった。「赤信号」と書かなかった毎日新聞社の慧眼はさすがである。それだけ井山7冠の強さを認めていたことの証である。さあ、井山7冠は、その期待に応えることはできるのであろうか。

2.プライベートコーナー
 3時45分起床。体重は、63,4kg。▲事情があって、この年で車を買い替えた。このままあちらの国まで走って行ったというようなお笑い話にならないことを願っている。(16-10-28)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3606 泥沼化/落とし所 | ホーム | 3604 安倍総理に大記録の可能性 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP