プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3613 一強の独断場に迫る影

 昨日の国会で、一強独裁の自民党が、TPP特別委員会の舞台で、得意の演目である「強行採決」を披露してくれた。見慣れている風景で、もはや、国民は食傷気味もいいところだ。今朝は、一強の独断場に波乱が起き始めている世界に注目してみた。

1.独り言コラム
 大きな変化を見せている代表事例が都政であろう。都議会を牛耳って来ていた都議会の自民党のドンの内田茂幹事長が、小池百合子新都知事の登場で、舞台の裾に追いやられて、いる。おごれるものは久しからず、であるが、今後の反撃が注目されている。▲囲碁界で7冠を独占を果たした井山裕太一強が、一昨日に名人位を失冠し6冠に後退した。明智光秀の三日天下ではないが、7冠在位期間は197日で終わった。天才も、タイトル独占を長期に維持するのは容易でなさそうだ。▲来週は、いよいよアメリカ大統領の投票日を迎える。クリントン、トランプの激戦が続いていて、クリントン危うしの声も小さくない。世界の警察官だったアメリカ一強の地位も大きく揺らいでいる。大いに心配である。▲大相撲の世界では、長く続いている白鵬時代に陰りが見え始めている。今週末から九州場所が行われるが、白鵬が復活するのか、或いは豪栄道が綱取りに成功するのか、興味津々である。▲今、この時間、テレビ朝日の長寿番組「朝まで生テレビ」が放映されていて、それを聞きながらこのブログを書いている。今朝のテーマは「小池都政3カ月」である。▲1987年4月から始まったこの番組は、30年も続いている長寿番組で、討論番組としては他の追随を許さない番組だが、司会の田原総一郎さんの独断場でもある。ここに登場した論客たちの顔触れは時代とともに大きく変わって来ている。最近の論客の中では、美しい論客、「三浦瑠璃」さんがひと際明るく輝いている。今や、筆者は彼女のプチファンである。少し気がかりは、彼女にも少し衰えが迫ってきているようだ。田原さんの長寿とともに、三浦さんの更なる輝きの独断場を祈念したい。

2.プライベートコーナー
 2時起床。体重は、63,6kg。▲昨朝は久しぶりに日の出を見た。この時期は、年間を通じて日の出が多く見られる季節である。▲少し雲があってすっきりしない日の出だったが、それでも、太陽の上る位置が、冬至の位置まであと一息の位置にまで南下していた。今年もあと僅かである。▲渡り鳥、コガモたちの第二陣が到着したようで、その数が徐々に増えてきている。(16-11-05)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3614 引退 | ホーム | 3612 井山裕太、7冠在位は197日でストップ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP