プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3628 将棋ソフト不正使用疑惑のその後

  勝負事ではメンタルな動揺が与える影響は極めて大きい。将棋でのソフト使用疑惑で三浦弘行9段が出場停止を受けて以降、大棋士に意外な異変が起きている。

1.独り言コラム
 将棋界のトップ棋士の一人である三浦弘行9段が、対局中にソフトを使っていたのではという疑惑を受けて、将棋連盟から2か月間の出場停止を食らっている。ご本人は大反発で疑惑を否定しており、持っているCPや携帯を提出して、自らの潔白を訴えている。日本将棋連盟では、目下、第三者委員会でこの問題を検討しているという。▲この問題の発覚は、棋士からの訴えを受けた日本将棋連盟が裁定したのだが、一部報道によれば、訴えた棋士の中には、渡辺明2冠(竜王・棋王)や久保利之9段の大物棋士がいるという。▲筆者はそのお二人のその後の成績に忠告していたのだが、久保九段には異変が見られないが、渡辺2冠の場合は、その後、極端に成績が振るわず負けが込んでいる。同棋士は、目下、竜王戦7番勝負の真っ只中で、タイトル防衛に懸命だが、その話題がオープンになって以降、2連敗中である。また、他の棋戦も負けが込み、ご本人としては珍しく5連敗を喫した。▲同氏の場合は、雑誌のインタビューで、その不正問題に触れて話した内容が報じられたようで、本人もその勇み足を悔いているようだ。▲このことを自分のブログで、「皆様をお騒がせして申し訳ない」とお詫びし、その後、ブログを中断している。精神的な面で思いの外大きなインパクトを受けていると思われ、それが対局に響いているように思われる。彼のような大棋士でも、精神的な動揺は大きかったようだ。▲要するに、この疑惑には確証を見つけるのは至難の業である。真実は藪の中で、ご本人だけが承知しているだけなのである。果たして、第三者委員会がどんな結論を出すか、筆者は注目している。▲なお、筆者は、三浦九段の粘り強い将棋に魅せられており、言ってみれば、三浦9段のプチファンである。同氏の生真面目な人間性、対局ぶりからして、そんな不正を行うとは信じられず、同志の潔癖を信じている。

2.プライベートコーナー
 4時起床。63.9kg。▲朝の散歩を楽しんでいる方の中には、犬を連れている方が結構多い。またご夫婦で楽しんでおられる方にも何組か出会う。とても仲のよさそうなご夫婦を見ると羨ましくなる今日この頃である。(16-11-20)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3629 ドキッとした車の接触事故 | ホーム | 3627 安倍、トランプビッグ会談 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP