プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3635 張本勲氏に「喝!」

 TBSのサンデーモーニングのスポーツコーナーにご意見番として出演している張本勲氏の発言は、とかく、物議を醸しだすことがある。今朝は、その一例である大谷翔平二刀流に対する同氏の批判を取り上げてみた。

1.独り言コラム
 一昨日のプロ野球の今年のベストナインで大谷翔平二刀流は、投手とDHの2部門で選出され、ここでも二刀流での受賞を果たし、球史に新たな大記録を作った。▲投手としては10勝4敗、防御率1.86、打者としては、打率3割2分2厘、ホームラン22本の成績で、規定投球回数や規定打席数に足りなかったが、数字よりも安定感が評価されたようだ。▲また、大谷選手をこのように二刀流で起用し、今年度の日本一を獲得した日本ハムの栗山英樹監督は、その起用法が評価され、今年度の正力松太郎賞を受賞している。▲ところで、TBSの番組で、ご意見番の張本勲氏は、昨年から繰り返し、大谷選手の二刀流起用法に関し、「あぶはち取らずになる」とか「二頭追うものは云々」といった具合に批判を繰り返していた。結果的には、二刀流は立派に開花し、高い評価を受けたのだが、張本氏はこの結果に何と答えるだろうか。▲張本氏の発言の真意は、恐らく、大谷選手が王選手のような大記録を残すには、どちらか一つに絞るべきだと言いたかったのだろう。▲ともかくも、大谷二刀流は、新しい野球ファンを開拓したし、多くの野球ファンに新しい大きな喜びを与えたことは確かである。同氏の力を認めてそんな起用法を実行した栗山監督の采配を多としたいし、その起用に応えた大谷選手の活躍に拍手を送りたい。▲とにかく、張本勲氏に「大喝!」である。

2.プライベートコーナー
 2時半起床。64.2kg。▲昨日は車の検査日。その際、今度の車は、エンジンがCVTタイプで、前の車と違っていることを知った。アクセルの具合が、以前のものと少し違った感じがしていて運転操作が少し難しかったのだが、そのためだという。燃費を考慮した方式だそうだが、慣れるまでには時間がかかりそう。(16-11-27)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3636 珍記録 | ホーム | 3634 紅白歌合戦に一言 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP