プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3636 珍記録

 一口に記録といっても、歓迎すべき記録もあれば、そうでない記録もある。また中には、おやっと思う珍記録もある。

1.独り言コラム
 4日前の11月24日に都心に雪が降った。11月の都心の降雪は54年ぶりの珍記録でそうだ。1964年の東京オリンピックの2年前で、まだ新幹線も走っておらず、日本には、いわゆる高層ビルがまだ一本もない時代だった。因みに、高層ビルの第一号である霞が関ビルが竣工したのは1968年で、筆者も上京後、早々に最上階に上がったことを思い出す。▲大相撲九州場所は、横綱鶴竜の3回目の優勝で終わった。今年は、初場所に琴奨菊が10年ぶりに日本人力士としての優勝を果たした上に、先場所は豪栄道が全勝優勝をして、二人の日本人大関の優勝があり、相撲ファンはほっとした一年だったと思う。その一方で、綱取りが期待されていた稀勢の里はずっとファンの期待を裏切り続けていたが、2016年の勝ち星が69勝となって、白鵬の休場もあって、年間最多勝力士となった。一度も優勝せずに年間最多勝は、角界では初めての珍記録である。▲昨日行われた実業団女子駅伝で、優勝候補だったトヨタ自動織機が、1区から2区への襷渡しでオーバーランがあり、失格となる珍記録があった。3位で入って来た一区のランナーが、2区の走者がコースに遅れて出て来たために、僅か50センチだったが襷渡しゾーンをオーバーしたというのだ。そんな程度のオーバーであれば、タイムを10秒くらいプラスするというペナルティで対応してやればと思うのだが、ルールはルールだという。▲将棋界に長くトップに君臨している羽生3冠が、王将戦の挑戦者を決める最終の予選リーグで、何と2勝4敗と負け越して、リーグ陥落となった。なんと25年ぶりのことで、来季からは、2次予選からの出場となる。ファンから見れば、あり得ない珍記録だと思う。▲トランプ氏が大統領選での勝利の前後での東証の株価の動きが凄かった。当選が現実味を増してくると、とんでもない暴落が始まり、その日は終値で920円を超す下げとなったが、翌日には、逆に1080円を超す暴騰、そして、その後も上げが続き、暴落した時点から2100円を超す大幅な上げで年初来高値を更新中である。これまた珍記録と言えよう。お蔭様で、筆者の持ち株の含み資産額が今までの最高額の記録を更新している。この種の珍記録は大歓迎である。

2.プライベートコーナー
 2時起床。63.7kg。▲毎日使うコンピューターで、最近、2度もドギュメントの上書き保存の際に誤作動が起きて、貴重な資料を喪失することが起きた。一つは昨年度の日記、今一つは、12年間に渡って記録して来たお墓参りの記録である。バックアップしていた記録も同時に違った内容に塗り替えられていて、如何ともし難い事故であり、がっかりの今日この頃である。(16-11-28)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3637 食い逃げ | ホーム | 3635 張本勲氏に「喝!」 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP