プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3639 先延ばし

 タイムリミットがある課題での見え見えの時間稼ぎ、先延ばし、棚上げなどはあってはならない。しかし、それがまかり通っているのが現実の世界である。

1.独り言コラム
 韓国の朴槿恵大統領が、一昨日の談話で、「与野党が協議して安定的な政権移譲する方策を作ってもらえば、その手続きに従って任期内での辞任も辞さない」と発表したが、これは弾劾を避けるための巧妙な延命工作であることが分かった。それというのも、大統領の辞任は韓国の憲法には規定がなく、憲法改正が必要となり、時間稼ぎが可能となるからである。ブレインを逮捕された状況下で、考え出したなかなかの妙案で、あくまでも、大統領の座は簡単には辞さないという強い意志の表れのようだ。▲2020オリンピックの競技会場に関する4者会議で、小池都知事は、バレー会場については、その結論をクリスマスまで待ってほしいという結論の先延ばしを行った。その先延ばしの狙いが奈辺にあるのか、今一つはっきりしていない。カヌー・ボートの海の森競技場、水泳の会場を原案を了承し、このままでは、振り上げたこぶしの下ろし方で不満があり、一矢報いたい気持ちがあるからなのだろうか。妙案があるのならいいが、単なる先延ばしなら、小池さんらしくない、戦術だと言いたい。▲天皇の退位に関する有識者の会議で、漸く16人からのヒアリングが一巡したようだ。9人が条件付き賛成、7人が反対だという。反対の中に、桜井よしこさんが入っているのは意外だった。それはさておき、この問題は生身の天皇の切なる「お願い」であり、結論を先延ばしすることなく、一日も早い速やかな結論を出すべきだと思う。有識者なら、そんなことは分かっているはずだと思うのだが、…。

2.プライベートコーナー
 3時起床。63.5kg。▲11月度の散歩の総距離は63.6km(前月比、-9.6km)で、散歩を始めて以来、月間最小距離だった。以前のような距離を稼ごうという意欲は無くなり、散歩の連続記録継続のみにフォーカスしている今日この頃である。(16-12-01)。
関連記事
スポンサーサイト

<< 3640 タブーに挑む日本 | ホーム | 3638 嬉しがらせて >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP