プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3640 タブーに挑む日本

 時代は変化する。それに伴ってものの考え方も変化する。今まで、手を付けることが避けられていた分野にも、議論が進み、動き始めている分野がいくつかある。

1.独り言コラム
 (1)天皇の生前退位を検討する有識者会議メンバーの16人による検討が進められている。一回目の意見聴取が終わった段階で。9人が前向き、7人の方が反対という。意外に反対意見者が多い。これは、メンバー選定時のある程度予測された結果なのだが、…。▲意外だったのは、ジャーナリストの桜井よしこさんだ。それまでのいろんな発言で賛成だと思っていが、何と反対意見だった。▲後継天皇を巡る問題など、皇室の関わる問題は、何となくタブー的な扱いで、今までは、踏み込んだ深い議論は避けられていたように思う。今後、どこまで突っ込んだ検討が進められるのか、興味津々である。▲なお、当初聞いたメンバーの中に、宮崎みどりさんがおられたと思うのだが、どうされたのであろうか。
 (2)南スーダンに陸上自衛隊のメンバーが派遣された。その任務として、いわゆる「かけつけ警護」という新しい役割が加わっている。場合によっては、命に係わる心配を伴うということで、今まではタブー視されていたものである。PKO活動での日本の貢献範囲が広がりつつある。とにかく、無事で帰って来てもらいたい。
 (3)新明和工業が開発した水陸両用の飛行艇の世界に向けての輸出が注目されている。使い方次第では兵器にもなるもので、同社では輸出先について慎重な選択を行うとしているが、安倍政権になって、今まで禁止されていて武器輸出三原則が緩み始めていることは、確かのようである。
 (4)IR法案の審議が始めっている。いわゆるカジノ法案と呼ばれるもので、今までにも何回か上程されたことがあったが、その度毎に時間切れなどで廃案になって来た。ギャンブル依存症対策が不十分ということで、日本人の感覚として、受け入れがたい面が強いようだが、政府は今国会での成立を期している。

 上記のような動きを見ていると、確かに日本も随分と変わってきていることを実感している今日この頃である。

2.プライベートコーナー
 2時半起床。63.8kg。▲朝の散歩で、このところ、見かけなくなった方が何人かおられる。かつていくら挨拶をしても無視しておられたいかつい方、元広島のマエケンのように体を激しく動かす体操をしておられた方、胸張って颯爽と歩いておられた中年のすらっとした女性などである。どうしておられるのであろうか。なんとなく気がかりの今日この頃である。(16-12-02)。
関連記事
スポンサーサイト

<< 3641 失礼じゃない! | ホーム | 3639 先延ばし >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP