プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3645 75年目の真珠湾

 年末に安倍首相が真珠湾を慰霊訪問される。現職の日本の首相が慰霊するのは初めてある。

1.独り言コラム
 安倍総理が年末にパールハーバーを訪問することが決まった。首相は、その意義について、「二度と戦争の惨禍を繰り返してはならない。未来に向けた決意を示したい」と述べている。▲これに対し、アーネスト米国報道官は、「多くの米国民が温かく受け止めるだろう」と歓迎の意を表した。一方、菅官房長官は、「戦没者の慰霊のためであって、謝罪のためではない」と強調した。▲ここに至る背景には、今年5月のオバマ大統領の広島訪問があって、核兵器のない訴える演説をした。表向きには、その返礼ではないとしているが、その一方で、今年の8月に安倍総理の夫人の明恵さんが、パールハーバーを慰霊訪問していて、二国間ではそれなりの地ならしが積み重ねられてきていた。▲安倍首相の話しによれば、戦後70年の節目に当たる昨年の4月に米議会で演説したが、その際に真珠湾に触れながら、「悔悟」の念を表したが、その頃から、この訪問を考えていたという。いずれにしても、この種の大きなプランは、それなりの水面下でのやり取りがあって実現するものなのだろう。▲ところで、直接関係ない話だが、筆者の好みのYTVの中谷しのぶアナが、昨日、ハワイに向けて飛び立った。パールハーバーの75年目の歴史的な日の取材のためである。同局の「ニュースten」の取材で、高岡達也解説者と一緒の取材だが、彼女の海外取材は、同局の女子アナでは目立って多い。帰国子女で英語に堪能だという特技もさることながら、どうやら同局の幹部に厚く遇されているようだ。羨ましく思っている仲間が多いに違いない。▲あれから75年という節目で、今週のパールハーバーはクローズアップされる機会が増えるだろう。因みに、筆者は1月生まれの75歳、奇襲は12月8日(現地は7日)だった。知る由もない大きな出来事だったが、何となく奇縁を覚える。

2.プライベートコーナー
 3時半起床。63.5kg。▲3カ月に一度の歯のクリーニングの日。新しい病院に変わって2度目である。幸い、全く痛みを感じさせない治療で、歯医者に行くのが楽しくなるくらいだ。医療技術の進歩なのか、病院がいいのか、どちらなのであろうか。いずれにしても、病院を変えたのは大成功だった。(16-12-07)。
関連記事
スポンサーサイト

<< 3646 トランプ、安倍、小池ら、各界トップは大忙し | ホーム | 3644 大谷翔平二刀流に粋な計らい >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP