プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3653 不安が現実に

 先行きには不安が伴うものである。オスプレイの不時着、今朝決まった米国FRB利上げ、そして、今日から始まる日ロ会談、いずれも不安が先行しているのだが、…。

1.独り言コラム
 一昨日の13日午後9時半頃、米軍普天間飛行場所属の垂直離着陸輸送機オスプレイが辺野古の東沖に不時着し大破した。乗組員5人は救出されたが2人は負傷した。▲オスプレイが沖縄に配備される時点から、当該機には事故が多いということで、その配備への反対が強かっただけに、こうして、その不安が現実になってみると、その怒りは収拾がつかないほどの大爆発である。配備されて4年目の事故であった。安全性が確保されるまでは飛行停止されるが、その収拾には時間がかかりそうだ。▲日本時間で、今朝4時過ぎ、米国FRBが0.25%の利上げを決定した。1年ぶりの利上げである。直後の米国株価は乱高下を繰り返した後に、急降下、そしてまた上昇していて掴みどころない変化である。果たして、今日の日本の株価はどう動くのだろうか。吉と出るのか、凶と出るのか、不安が現実にならないことを望んでいる。▲そして、今日から安倍総理とプーチン大統領の日ロ会談が山口県長門市で始まる。事前の日テレ/読売新聞のプーチン大統領へのインタビューを見る限り、不安が先行しているが、それが現実になるのだろうか、或いは、一転して、ハッピーな展開になる可能性はないのだろうか。日本国民が固唾を飲んで見守ることになる。▲不安が先行と言えば、もう一つ、自衛隊のPKOで南スーダン派遣がある。新たに付与されたいわゆる駆けつけ警護の役割で、死傷者が出ないか、関係者の不安は尽きない。▲諺に、「雨降って地固まる」というのがある。何事もじたばたせずに、長い目で見たいのだが、…。

2.プライベートコーナー
 3時半起床。63.7kg。▲昨日の朝も誰もいない湖だったが、帰り際に、あのいかつい挨拶を返してくれない男の方にすれ違う形で顔を合わせた。この日も、こちら側からの挨拶は無視された。いつかは、挨拶を返してくれる日が来ると信じたい。(16-12-15)。
関連記事
スポンサーサイト

<< 3654 溝 | ホーム | 3652 決着へ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP