プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3674 大発会、大はしゃぎ

 2017年の大発会は、終値で479.79円という予想外の大幅な高騰となった。東証の大発会での上昇は4年ぶりである。

1.独り言コラム
 直前に終わったダウ平均が、途中では上げ下げの変化があったものの、結果的に110ドルを超す上昇となったことを受けて、東京でも、大きく上げる展開となった。景気が拡大しているとの期待感を反映したものと思われる。このレベルは、一昨年の12月1日に終値で20012円を記録して以来の1年1カ月ぶりの高値である。▲今年の見通しについては、何人かの経済学者や評論家が、高値で2万2千円台を予測しているが、昨日の大発会の結果を見る限り、どうやら、それが射程距離に入って来ていると見ることができよう。因みに、今朝の米国ダウも、朝4時現在、60ドルぐらい上げている。この展開を見る限り、東証は、今日も上げる可能性が高い。イケイケドンドンで、大はしゃぎと言える勢いある展開である。▲しかし、この展開の裏には、トランプ発言如何では影響されることが多く、予断を許さない。特に、同氏が正式に大統領に就任後の展開は全く読めておらす不安は大きい。何しろ、同大統領は、いわゆる「米国ファースト」であり、日本への影響は相反するケースも多い。▲一方、今朝の報道では、日本の国会は、早期解散は遠のいたという。安倍安定政権に死角なしという見方の一方で、PKO活動での不測の事態、中国、韓国、北朝鮮の隣国の動き、欧州の政治情勢等々、不安要素もいっぱいだ。▲とりあえず、トランプ大統領の正式就任までは、この大はしゃぎの勢いは健在かもしれない。「東証よ、今日は何処まで行くのかね?」である。

2.プライベートコーナー
 3時半起床。体重、63.5kg。▲静岡にいる妹がまた入院したとの報に、急遽見舞いに向かった。幸い、思ったほど悪くなさそうだったのでほっと。帰りに、名古屋で途中下車して、会社の先輩にお出まし願い、ひと時の楽しい歓談を持った。(17-01-05)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3675 あわや! | ホーム | 3673 2017年始動 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP