プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3681 トランプ氏初会見

 今まではツイッターでの口撃に終始していたトランプ氏が、漸く、記者会見という形で表舞台に登場した。正直言って、筆者はまだ内容を把握していないが、雇用拡大を図ることを強調したようだ。

1.独り言コラム
 正式な大統領就任を20日に控えて、トランプ氏の言動が注目されているが、漸く、表に顔を出した。その発言基調は、アメリカファースト、アメリカを強くするという点では、それまでと変わっていない。▲その意味から、中国、メキシコに加えて、日本をも名指しで、貿易の不均衡を指摘している。何らかの厳しい対抗策が出て来るのではなかろうか。その一方で、ロシアに対しては、微妙にトーンが変わっていた。それまでの親ロ一辺倒から、やや変調である。そこには、サイバー攻撃を受けた事実を認識せざるを得ない状況が確かになったことがある。▲新たな注目事項は、今まで同氏が親ロを口にしていた背景に、かつて、トランプ氏がロシアを訪問した際のスキャンダルの存在が顔を出し始めたことだ。言ってみれば、大きな弱みを握られていたというのだ。今後の展開に注目したい。▲米国民の受け取り方は、今朝の米国株価の動きを見ると良くわかる。記者会見が始まった時点から、少し下げに入ったが、その後は上昇に転じ、結果的に100ドル近い上げで終わっている。それを見る限り、米国民は今なお、新大統領への期待感が生きていると言えるようだ。▲どちらにして、20日の就任以降が、本当に将来を占う出だしとなることには変わりない

2.プライベートコーナー
 5時起床。体重、63.1kg。▲昨日は、妹の見舞いに静岡に出向いた。在来線が岡崎付近で線路に異常があって、上下線共に不通だったことで大混乱に巻き込まれて大変だった。金はないが、時間はあることから、在来線での往復を狙ったが、結局は不可で新幹線を部分的に使ったが、それでも結果的に13時間以上も電車の中にいた。▲朝6時過ぎに出て、3時間ほど病院いいたが、帰宅したのが午後10時過ぎだった。このアクシデント、昨日の夕刊(毎日、日経)には、どこにも出ていない。ローカルなニュース扱いのようだ。(17-01-12)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3682 元号 | ホーム | 3680 怒り心頭、慰安婦像問題 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP