プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3684 多彩な演目の小池劇場

 都民を味方につけた小池都政は、これから迎える本格的な戦いを前に、その体制の整備に余念がない。しかし、その前に豊洲問題が、再び厄介な展開を見せ始めた。2020オリンピックの経費の問題も残されていて、その演目は多彩だ。

1.独り言コラム
 豊洲市場の安全性を確認する9回目の地下水のモニタリング調査で、環境基準を超える有害物質を検出したことが分かった。専門家会議がどのような結論を出すかが注目されるが、すんなりと移転が承認されるのは難しそうだ。結局は、舛添要一前都知事が下した移転判断に大きな過ちがあったことが明らかになった。これで、移転のタイミングが更に遅れることになる。▲小池劇場にとっては、あくまでも都議会自民党との戦いで勝利することが当面の目標で、それによって同氏が掲げる東京大改革が反映できる体制が整うことになる。その皮切りが、2月に行われる千代田区長選挙である。ここは、あの自民党都議会のドンである内田茂氏のおひざ元であり、ここでの勝利が今後の戦いの流れを作るとみられるだけに落とせない前哨戦である。▲そして、7月には、注目の大一番、都議会議員選挙が行われる。これには、自らの政治塾から40名近い立候補者を出すことにしており、いわゆる天下分け目の戦いとなりそうだ。▲また、来年には衆議院議員選挙が行われることになりそうで、これらの選挙の「3連戦」が小池劇場の真価を問う演目である。これらの結果次第で、うまくいけば、将来の小池総理誕生につながることも考えられる。▲失礼な言い方になるが、たかが女子アナで、ニュースキャスターから旅立った小池百合子氏だが、まれにみる度胸の据わった「女つわもの」であることは確かである。

2.プライベートコーナー
 2時起床。体重、63.2kg。▲今(AM2時)、窓から外を見ると銀世界で、路上には雪が数センチ積もっている。今朝の散歩は、厳しい闘いになりそうだ。散歩の連続記録をストップさせないように頑張るつもり。(17-01-15)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3685 取りこぼし | ホーム | 3683 生誕/没後150年 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP