プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3685 取りこぼし

 大辞林には「勝てるはずの相手に負けること」とある。不覚、迂闊、不注意、うっかりなどの言い訳がつくことが多い。

1.独り言コラム
 全勝だった白鵬が新鋭の荒鷲との初顔合わせで負けた。初顔合わせの取り組みでは28連勝中で、朝青竜の34連勝を追っていたが、あっけなく潰えた。ちょっとした隙をつかれた取りこぼしである。▲取りこぼしと言えば、稀勢の里への常套語として定評がある。今までに、幾度となく、取りこぼしを繰り返して来ている。昨日も、隠岐の海に攻められて、危うく取りこぼしそうだったが、土俵際で何とか逆転で全勝を守った。これで、優勝争いにトップに立ったが、いつも、その直後に取りこぼしをするのが稀勢の里である。今日の相手は、不調の琴奨菊だが、油断は禁物である。▲15日朝8時半過ぎに鹿児島の内の浦から打ち上げられた小型ロケットが、珍しく打ち上げに失敗、鹿児島県東方の太平洋に落下した。ロケットの打ち上げでは2003年以来、31連勝中だったが、…。油断があったとは思わないが、取りこぼしの範疇に入る失敗と言えそうだ。JAXAの発表では、長さ9.54mの電柱ほどの大きさの三段式のロケットだったという。経費5億円が海の藻屑となった。▲札幌で行われていたスキージャンプのワールドカップ、第7戦、第8戦で、50勝を目前にしていた高梨沙羅さんが2位と4位に終わった。それまでに6戦中5勝という好成績だっただけに2連敗は意外であり、明らかに、取りこぼしと言えそうだ。50勝を目前にしていただけにちょっとがっかりである。今週も日本(蔵王)で行われるので、雪辱を果たしてほしい。▲今日から、テニスの全豪オープンが始まる。錦織圭選手に取りこぼしがないことを祈る。▲政界の一強である安倍総理、それに東京大改革に挑んでいる小池百合子都知事の二人には、つまらない取りこぼしが無いように頑張ってもらいたい。

2.プライベートコーナー
 3時半起床。体重、62.6kg。何故か体重が一気(?)に下がった。▲昨朝は吹雪の中、長靴と傘で散歩を敢行した。この500日でもっとも厳しい条件下での散歩だった。今朝は、今のところ降ってはいないが、路上には雪がしっかりと残っていて、凍っているので歩きは大変だと思われる。とにかく、今朝も、頑張るつもりだが…。(17-01-16)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3686 不安が現実に | ホーム | 3684 多彩な演目の小池劇場 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP