プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3686 不安が現実に

 ジンクスではないが、事前に心配していることが現実になることはよくあることだ。豊洲の水質検査がその一つである。昨日もそんな不安が現実となった幾つかの事例があった。

1.独り言コラム
 大相撲初場所、一昨日白鵬の取りこぼしで、単独トップに立った稀勢の里だったが、心配が現実となった。今場所不調であえぐ大関琴奨菊の押しにあえなく土俵を割って敗れて全勝がストップした。いつものパターンで大事なところでの不覚は、稀勢の里の真骨頂(?)である。幸か不幸か、横綱白鵬も、思わぬ取りこぼしで連敗したことで、トップの位置は変わらないが、稀勢の里が、これからの大事な戦いで、このままでトップを突っ走ることには不安がある。それにしても白鵬を連敗させた稀勢の里の兄弟子、高安の頑張りはお見事だった。▲午前中に行われたテニスの全豪オープンの一回戦に登場した錦織圭選手が、立ち上がりに二度のブレークを許し、第一セットを許し先行を許し、取りこぼしへの不安が過ったが、幸い5セットマッチだったことで、何とかペースを取り戻し、フルセットの末に、3-2で辛うじて2回戦に駒を進めた。先は長いが、ベスト8までは、格下選手との戦いであり、取りこぼししないように頑張ってもらいたい。▲日中は、株価の動きに注目していた。トランプ次期大統領の不穏な言動が不安を広げている。案の定、昨日の東証は200円近い大きな下げとなった。巷間云われている2万円の壁は容易でなさそうである。むしろ、今後は大幅な下げが心配されていて、その心配が現実になりそうな昨日の株価の動きだった。▲何事にも不安のない事案はない。不安を一つずつ克服して行って、なんぼの世界である。

2.プライベートコーナー
 1時半起床。体重、62.4kg。▲一昨日の吹雪の中での強引な散歩が災いしたか、体調に異変が起きている。昨朝は、大事を取って、536日間続いていた連続散歩を中止した。連続記録というものは、このようにあっけなく終わるものだ。▲そんなことで、今夕予定されていた食事会を申し訳ないが、急遽欠席させてもらうことにした。(17-01-17)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3687 1月1日から新元号に宮内庁が異論 | ホーム | 3685 取りこぼし >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP