プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3687 1月1日から新元号に宮内庁が異論

 生前退位のタイミングに関連し、有識者委員会の考えに異論を唱えた宮内庁は、古い体質をこの機会に払拭すべきだと思うが、…。

1.独り言コラム
 昨日、宮内庁の次長が、「1月1日は、皇室にとって極めて重要な日」として、退位、即位の儀式を行うのは困難だという考え方を表明した。先に、有識者委員会が発表した、今上天皇の生前退位のタイミングを12月31日とする考え方に異論を呈したのである。▲直近の過去の事例では、明治が7月30日(1912年)、大正が12月25日(1926年)、そして昭和は1月7日(1989年)だった。従って、大正と昭和は年末年始に天皇が崩御されて、その翌日から新しい元号に変わっている。▲もし、実際の崩御が12月31日であれば、宮内庁は、有無を言わずに、1月1日に新しい元号に変えねばならないはずである。それを、「1月1日は云々」ということで元号の切り替え日を変更するのだろうか。▲今回の場合は、生前譲位であり、事前に分かっている訳だから、必要な準備をしっかりやっておけば、幾ら重要な日であっても、対応は可能ではないか。▲昔の古い感覚、概念に拘らず、区切りの良い元日から元号を変えるのは、いろんな面で好都合であり、宮内庁も新しい考えを取り入れて前向きに考えるべきではなかろうか。この機会をチャンスととらえて、宮内庁の近代化を期待したい。

2.プライベートコーナー
 3時起床。体重、63.0kg。▲朝の散歩は昨日も中止。大事を取っている。幸い、体調は戻ってきているが、暫くは、無理せずに静かにしていたい。(17-01-18)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3688 主役交代? | ホーム | 3686 不安が現実に >>


コメント

散歩

体調回復されたら、また散歩を続けて、今の連続記録を更新してください。応援しています!

Re: 散歩

> 体調回復されたら、また散歩を続けて、今の連続記録を更新してください。応援しています!

連続記録はあっけなく途絶えました。やはり、体調不良でした。この年ですから無理は辞めた方がいいと判断しました。
命あってのものだねですから。再会については、しばらく様子を見て考えたいと思います。ご声援ありがとうございます。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP