プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3690 オーバーラン

 大辞林には、「①勢いあまって泊まるべき地点を走り抜けてしまうこと。②機械を許容限度を超えて稼働させること」とある。

1.独り言コラム
 日本時間今朝未明に正式に第45代大統領に就任したトランプ大統領は、その就任演説で、「米国第一」を改めて表明した。具体的には、「権力をワシントンDCから国民に移す」、「雇用、富、夢を取り戻す」、「イスラム過激派の全滅」、「話し合う時代から行動の時になる」など今まで発信していた内容を改めて述べ、国民の結束を訴えた。そして、最後は「We will make America great again」の決まり文句で18分間の演説を終えた。この演説に関する限り、想定内の内容で、心配されたオーバーランはなかったようだが、世界の大国としては、面子をかなぐり捨てた悲しい姿との専門家の見方である。▲オーバーランと言えば、一昨日の正午頃、北海道の千歳空港で、全日空機が滑走路を曲がれず、雪に突っ込んで停止する事故があった。幸いけが人は出なかったが、滑走路は凍っていたために起きたオーバーランだった。▲文科省でもオーバーランが起きていた。もう死語になったと思われていた「天下り」が、しっかりと生きている頃が発覚、事務次官が辞任するという大きな問題となっている。組織的な隠ぺいが堂々と行われていたようだ。他省庁でも同様なことが行われていることは、容易に想像できる。▲第193通常国会が始まった。2017年度の予算審議のほかに、天皇の生前退位の問題、加えてテロ特措法の3本立てだが、今国会こそ、強行採決などの国民の期待を裏切るオーバーランがないことを望みたい。

2.プライベートコーナー
 3時半起床。体重、63.1kg。▲月一度の内科の定期診断を受けた。レントゲン、心電図などの検査を受けたが、幸い以上はなかった。無理をしない日常生活に徹したい。(17-01-21)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3691 104人目の優勝者 | ホーム | 3689 濡れ衣 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP