プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3693 世代交代

 世代交代は世の常だが、時として、しんみりとした感動を伴う。この週末の事例を拾ってみた。

1.独り言コラム
 稀勢の里の初優勝、横綱昇進の話題が列島を支配する一方で、37回もの優勝を積み重ねて来て横綱白鵬に脆さが見え始めている。千秋楽の結びの一番では、珍しく果敢な猛攻を見せたが、土俵際で稀勢の里の技に脆くも屈した。ここ4場所優勝からも遠ざかっていて、どうやら、盤石で常勝だった白鵬にも陰りが出始めている。いわゆる、世代交代が始まっていると言えそうだ。▲卓球の全日本選手権の女子シングルスで、3連覇を狙っていた石川佳純選手が、若手の平野美宇選手に敗れた。同選手はリオオリンピックでは補欠に甘んじて悔しい思いをしてきたが、その悔しさがばねとなっての反発で、見事に最年少優勝記録を塗り替えた。あっぱれな優勝で、ここでも世代交代が進んでいる。▲通算優勝回数50回を目前にしているスキージャンプの高梨沙羅選手が、ここ4試合も優勝から遠ざかっている。代わって、少し年長の伊藤有希選手が頑張ってくれているが、ちょっとした異変である。しかし、この高梨選手の場合は、勝ち過ぎた反動でのお休み状態で、世代交代とは無縁だと信じている。▲全豪オープンでは、錦織圭選手が惜しくもベスト8入りならずに、復帰して来た大物のフェデラー選手に惜敗した。その一方で、今大会では、シード1位のマレー、2位のジョコビッチの二選手が意外にも早々に敗退を喫した。若しかしたら、盤石だった世界ランクのトップ選手らに、世代交代が始まっているのではと思わせるトーナメントである。▲俳優の松方弘樹さん(74歳)が悪性の脳リンパ腫で亡くなられた。76歳の筆者には少なからず衝撃の訃報である。平均寿命が長くなってきているとはいえ、やはり、我々の年代は、そろそろお迎えが来てもおかしくない訳で、それなりの覚悟はしているものの、やはり厳しい世代交代である。

2.プライベートコーナー
 3時起床。体重、63.1kg。▲このブログを書きながら、窓から外を覗くと、その時点(AM3時)では、雪は降っていなかったが、一面に雪が積もっている。今日は、車での外出は無理だろう。(17-01-24)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3694 一服の清涼剤 | ホーム | 3692 第72代横綱誕生/全豪オープン、錦織敗退 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP