プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3694 一服の清涼剤

 大辞林には、「ささやかだが、束の間爽やかな気分にさせるような行為や事柄をいう」とある。

1.独り言コラム
 トランプ大統領が正式に就任した後も、同氏の言動はその前と変わらない。アメリカ第一主義を貫き、日本を名指しで非難することも少なくない。盟友であったはずのアメリカからそんな仕打ちを受けるのは久しぶりだ。▲そんなアメリカにとっては、英国がEUを離脱したことが勢いを煽ることになっていて、就任後の最初の首脳会談の相手にメイ首相が抜擢したようである。また、今までライバル関係をむき出しにしていたロシアとも、踵を返した形での友好の兆しを見せている。▲一方、日本の周辺は、韓国、中国、北朝鮮は、相変わらず、どいつもこいつもといったところで、ぶつかり合うことばかりで、ぎくしゃくもいいところだ。▲経済面では、トランプ大統領がNAFTAの見直しを宣言しており、これには日本も大きく巻き込まれることは必至で対応に苦慮している。それを受けて、世界の株価も、ここ二日間ほどは、どう動いていいか分からず、戸惑った動きを見せていたが、今朝のアメリカの株価は100ドルを大きく超す上げ方を見せている。今後の展開は予断を許さない。▲そんな鬱陶しい世界の動きの中で、日本列島は、久しぶりの豪雪に見舞われて、日本国民は、大変厳しい生活を余儀なくされている。が、日本国民にとって唯一ほっとさせてくれているニュースが、幾度も優勝のチャンスを逃して来た悲劇の主人公だった稀勢の里が初優勝を果たし、19年ぶりの日本人横綱の誕生の話題である。今日、正式に第72代横綱として誕生する。この明るいニュースは、日本国民にとっては、まさしく、一服の清涼剤である。

2.プライベートコーナー
 4時起床。体重、63.4kg。▲朝の散歩を自重していることで、毎日の生活リズムに緊張感が失せている。楽な一日になっているが、だらしない一日になって来ていることも確かである。17-01-25)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3695 ついに壁を越えた | ホーム | 3693 世代交代 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP