プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3706 「勢い」が健在

  勝負における「勢い」というのは、「実力」プラス「運」だが、それに「心身的な健康」が共存することで成立する強さである。

1.独り言コラム
 注目されていた東京千代田区長選挙は、小池都知事が押す現職が圧勝で5選を果たした。自民党都議会議員のドンの地盤であり、同氏の推薦を受けた政界の御曹司の長男らが立候補したが虚しく散った、小池人気の「勢い」が健在であることを見せつけた。7月の都議会議員選挙を控えた自民党は、どんな反撃を見せるのだろうか。いち早く、小池支持を打ち出した公明党はにんまりであろう。▲視点を世界に転ずれば、トランプ大統領の無茶ぶりの「勢い」も依然として健在だ。しかし、司法当局の判断は冷静で、反トランプの「勢い」を加速している。民主主義を守ろうとする米国民の「勢い」は健在さを見せている。▲一時は5試合も優勝から見放され、50勝の大台を目前にして足踏みしていたスキージャンプの高梨沙羅さんが、ここに来て3連勝し、その「勢い」の健在ぶりを見せてくれている。いよいよ、世界記録の53勝まであと1勝、ここからは復活した「勢い」で、一気に記録更新をしてほしい。▲昨日放映されたNHK杯将棋オーナメントの3回戦で、久保9段が郷田王将に勝ってベスト8に駒を進めた。注目は、直近の郷田王将との対局で、久保9段は5連勝とその「勢い」が凄い。正月明けから行われている王将戦7番勝負では、目下3連勝で、王将復位に王手をかけている。かつて、郷田王将は棋界のプリンスと呼ばれていたが、昨年8月に結構した以降が振るっていない。今の「勢い」不在では、王将の失冠だけでなく、順位戦でも連続降格で、昨年のA級から、一気にB2クラスに転落しそうである。かつて大ファンだっただけに、大いに心配している。▲「勢い」が健在な方々は、見栄えも爽やかだ。安倍総理には、それが窺えるが、巷間、「好事魔多し」と言われるだけに、何事にも慎重を期されることに越したことは無い。

2.プライベートコーナー
 3時起床。体重、62.8kg。▲同じ町内に住む母方の叔母が亡くなられた。昨夜通夜が行われ参列。毎年、大みそかには仏さんに飾るお花を持って来て頂いており、昨年末も、長男さんに付き添われてわざわざ来て頂いた。よく気が付く綺麗な叔母さんだった。ご冥福をお祈りします。(17-02-06)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3707 世界トップレベルの日本人 | ホーム | 3705 前哨戦 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP