プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3709 逃げない

 勝負に逃げない。堂々と立ち向かう姿勢は立派である。今朝は,逃げずに戦う直近の3人の事例を取り上げてみた。

1.独り言コラム
 安倍総理がいよいよ明日、日本を立ち、日本時間2月11日からのトランプ大統領との初の首脳会談に臨む。そして、その後は、フロリダにある大統領の別荘に招かれ、翌日27ホールに及ぶゴルフ外交を行う。/トランプ大統領は、以前に「ゴルフは昼食を共にするよりも相手を知る良い方法だ」と語っており、二人のゴルフ外交が注目されている。日本側には、そこまでやるのは如何なものかという声がある中で、安倍総理は「逃げず」に堂々とその場に挑む。/この長時間の二人の首脳の付き合い、プレイの詳細を世界が注目している。▲都議会では、石原慎太郎元都知事が「逃げず」に喜んで参考人招致に応じる。そして、自分からも小池都知事に言うことがあると語っている。/焦点は、豊洲問題であり、多くの疑問にどこまで答えられるか。その意欲は買うにしても、同氏のぼやけた記憶では、疑惑の解明にはほど遠いのではと思う。/それにしても、石原元都知事は、現役時代には、週に2-3回程度の登庁で、本当に大事な仕事を真剣にやっていたとは思えない。外面と違い、いい加減な都知事であったと改めて思う。▲昨日のスポーツ紙によると、女優の有森也実さんが、「いぬむこいり」という映画で、全裸ラブシーンに4時間もかけて挑戦したという。49歳にして、「逃げず」に大胆な挑戦は、お見事と言えそうだ。この映画は5月封切だという。▲男も、女も、何事においても、幾つになっても、「逃げず」に頑張る姿勢は尊い。大袈裟に言えば、人生は死ぬまで戦いである。

2.プライベートコーナー
 2時半起床。体重、63.2kg。▲すっかり散歩から遠のいている。体調が戻らないことから闘志が失せている。暫くは、淡々と静かにしていたい。(17-02-09)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3710 期待と不安 | ホーム | 3708 お詫びの風景 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP