プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3714 陰に陽に頑張っている女性たち

 昨夕、よく頑張った安倍総理が凱旋帰国した。世界が注目する中での二日間に渡るトランプ大統領との首脳外交は、望外の厚遇を受けた意外な展開だった。それを、裏舞台で支えた昭恵夫人(54歳)の頑張りも忘れてはならない。今朝は、今話題の女性たちを取り上げてみた。

1.独り言コラム
 今回の安倍総理の首脳会談に関連して、一人の脚光を浴びた女性がいる。中林恵美子さんである。ほとんど毎日、テレビ各局の解説者として引っ張りだこである、かつて米国で学び、米国議会や共和党で働いた経験を生かして、この大きなニュースの解説で頑張っている。特にテレビ朝日の朝の羽鳥慎一モーニングショーでは、先週はほとんど毎朝顔を出していた。ソフトな話し方は好感が持てる。▲先の千代田区長選挙で圧勝した小池百合子都知事は、新たに石原慎太郎元都知事にターゲットを設定し、7月の都議会議員選挙に向かって張り切っている。なかなか度胸のある女性政治家だ。▲スポーツ界では、アイスホッケーの日本代表の女性チーム、スマイル・ジャパンが、先週行われた予選会で墺仏独の欧州勢に全勝して、来年の平昌オリンピックへの出場を決めた。あっぱれである。▲スキージャンプの高梨沙羅選手は、一時の低迷から復調し、通算54勝の世界記録にあと一歩に迫っている。20歳になって、女らしさも加わり、ますますその人気は高まっている。▲しかし、中にはその活躍が今一つの期待外れの大物女性がいる。一人は、スカートを穿いたオリンピック担当大臣と小池都知事から揶揄された丸川珠代大臣、今一人は、国防の要の責任者である稲田朋美防衛大臣は、何となく自信無げで、今後への不安が募っている。▲ところで、ローカルな話だが、予期以上に頑張っている可愛い美人アナを紹介しておきたい。読売テレビの夕方のニュース番組の「ten」で、この2月から、メインキャスターに昇格した中谷しのぶアナ(28歳)である。若さゆえの軽量感は否めないが、その卒ない頑張りぶりは立派で、ファンである筆者は、ほっと、である。

2.プライベートコーナー
 3時起床。体重、63.2kg。▲昨日は妻の月命日だった。相棒を失くして、年老いての一人生活は、正直言って寂しい。人間は本来強い動物であるが、案外、弱い生き物でもある。(17-02-14)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3715 六度目の正直 | ホーム | 3714 三浦さんオンパレード >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP