プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3715 六度目の正直

  「三度目の正直」という言葉は多用されている常套句の一つであるが、今朝は、もっと凄い「六度目の正直」という話題を集めてみた。

1.独り言コラム
 一昨日から二日間に渡って岡山県八掛町で行われていた第66期将棋王将戦の7番勝負の第4局は、それまで3連敗で土俵際に追い込まれていた郷田真隆王将が、纏わりつくようにしつこく粘る挑戦者の久保利之9段を振り切って、やっと一矢を報いた。▲昨年の8月に結婚して以来スランプに陥っている郷田王将は、このシリーズでも絶不調で、いわゆる「付き」からも見放され、出だしから悔しい逆転で3連敗を喫していた。この間に、NHK杯戦や大事な順位戦でも、同じ相手の久保9段に苦杯を喫し続け、なんと5連敗中だった。漸く、ほっとする6度目の正直での勝利だった。▲かつては熱烈な郷田ファンの筆者だったが、最近では、同棋士の切れ味に魅力が少なくなったことから、通常のファンへと一歩退いていたが、この6度目の正直で、心底、ほっとした次第である。この勝利を機に反発し、奇跡の連勝を呼び込んで、逆転での王将位防衛を果たしてほしい。▲さて、そのほかの6度目の正直の最近の事例を紹介しよう。一つは、今年1月の第156回直木賞で、「蜜蜂と遠雷」で漸く受賞を果たした恩田睦さんは、6度目のノミネートでの受賞だったという。また、昨年末の第58回レコード大賞で、「あなたの好きなところ」でレコード大賞を受賞したケータイ時代の歌姫と呼ばれている西野カナさんも、同様に6度目のノミネートだった。また、一昨年のドラフト1位でDeNAに入団した今永昇太投手は、昨年のペナントレースで、6度目の登板で広島からプロ入り初勝利した。この試合では、7回を6安打無失点の好投での勝利で、文字通り、嬉しい6度目の正直だった。▲目出度く横綱に昇進を果たした稀勢の里は、6度目の倍の12度目(?)の正直だったというから、驚きである。厳しいヤジなど心を傷つける雑音に堪えてよく頑張った。▲ところで、日本ハムの栗山英樹監督は、就任5年で2度のリーグ優勝を果たしているが、籤運には恵まれず、5年連続で、ドラフトの抽選で負け続けている。同監督は、今年の秋のドラフトでは、話題の大物打者である早稲田実業の清宮幸太郎選手の獲得に、6度目の正直をかけているという。▲ところで、今朝の日経のコラムで得た知識だが、仏法を日本に伝え鑑真和上は、失明を乗り越えて6度目の挑戦で来日に成功したという。(この項はお昼前に追加したものである。)▲いずれにしても、六度目の正直にかける人は、それなりの力があって、かつ、負けん気が強く粘り強い人だと思う。

2.プライベートコーナー
 1時起床。体重、63.2kg。▲風邪気味が続いているが、今朝は少し体調が戻ってきているようだ。医者にも行かず、自己流での対応で、今朝で14日目の正直に期待している。(17-02-15)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3716 粛清されるべきは金正恩委員長だ! | ホーム | 3714 陰に陽に頑張っている女性たち >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP