プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3719 稲田、金田の二人のひ弱な大臣

 国会は「南スーダンのPKO問題」と「テロ等準備罪」を巡る論戦で、久しぶりに野党が攻勢に立っている。稲田朋美防衛大臣と金田勝年法務大臣の力量が問われている。

1.独り言コラム
 最近の筆者も時々国会中継を見るのだが、稲田、金田の二人の大臣の答弁が、質問とかみ合わず、審議が度々ストップしている。特に、金田法相は、質問の度に後ろに控えている官僚のアドバイスを必要としているのだが、見ていて情けない。ほどんど、何も理解していないのではないかとさえ思う。一方の稲田防衛相に至っては、彼女の答弁に我慢しきれなくなって、御大の安倍総理が答弁に立つから、議論は却って紛糾している。▲「テロ等準備罪」は、過去に二度も廃案になった「共謀罪」の犯罪対象を絞ったものであるが、一文字「等」が入っているところがミソである。中でも、「組織的犯罪集団」の定義を巡っての論戦がポイントのようだが、金田法相の答弁がピリッとせず、紛糾の原因になっている。明らかに力不足である。▲一方、南スーダンのPKO問題は、予てから、筆者は安倍総理の心配なアキレス腱だと指摘している問題である。現地で、一人でも犠牲者が出れば、安倍総理の辞職にもなりかねない。▲今の議論は、日報の内容に関するもので、「戦車や迫撃砲を使用した激しい戦闘が確認される」といった表現がしばしば出てきているという。これは、もはやPKO派遣を認める条件に抵触いているのではないかとの野党の指摘である。▲それに対し、「戦闘」一般的な意味で使っていて、法的な意味での「戦闘行為」ではないと反論しているのだが、その答弁は、一般的には意味不明である。その論戦はともかく、現地の南スーダンでは危険な状態にあることは容易に想像できる。安倍総理は、自らの危機であることを悟り、速やかにPKOの撤退を決断すべきであろう。▲日本最初の女性首相なんてレッテルを張られた稲田防衛相だったが、ここに来て、その力量が意外なほど不足していることが判明して来ている。▲余計な話で恐縮だが、かつてのプロ野球界界では、「稲尾、金田」と言えば、泣く子も黙る力のある大投手で、有無を言わせず相手バッターを打ち取っていた。現代版、「稲田と金田」とは大違いである。安倍総理には、泣いて馬食を切る勇気が必要だと思う。

2.プライベートコーナー
 3時半起床。体重、63.0kg。▲毎日を100%単純な消費一辺倒に終わらせたくない気持ちは、この年になっても健在である。少しでも、何らかのプロダクティブなものに時間を使いたいと、少しずつではあるが何の役にも立たない執筆に努めている。負け惜しみではないが、そうすることで、気分は晴れ、健康にも悪くないのである。(17-02-19)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3720 作曲家、船村徹氏の訃報に接して | ホーム | 3718 相次ぐ美人キャスターの懐妊 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP