プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3738 残った! 残った!

 明後日の日曜日から大相撲大阪場所が始まる。春近しで、「残った! 残った!」の威勢のいい行司の声が聞こえて来るようだ。今朝は、「残留か、降級か」のきわどいニュースを拾ってみた。

1.独り言コラム
 将棋界では昨日、B!級の最終戦6局が一斉に行われ、A級への昇給は、既に復帰を決めていた久保利之9段に次いで、残り一つの席を豊島将之7段が逆転で奪った。期待されていた山崎隆之7段は、またしても、惜しくもチャンスを逸した。一方、B2クラスへの連続降級が心配されていた郷田真隆王将は、何とか勝ち切ってB!クラス残留を決めた。郷田ファンには、際どい「残った、残った」で、筆者も、昨日は朝の10時から始まった棋譜中継に一喜一憂していたが、深夜の0時半にやっと勝利が決まり、ほっとした長い一日だった。。▲海外でニュースでは、朝鮮半島が注目されている。韓国の朴槿恵大統領の弾劾裁判の判決が今日出される。果たして、同大統領は生き残れるのだろうか。世界が注視している。一方、北朝鮮の金王朝の正統な血統を引き継いでいるハンソル氏の存在がネットで伝えられ、金王朝の正統な血統がきちんと保護されていることが分かった。金日恩第一書記には目の上のたんこぶで、「残った! 残った!」では困るようだ。どんな対応に出て来るか、世界がその成り行きに注目である▲国内ニュースでは、相変わらず、森友学園問題がかまびすしい。昨日は、大阪市が立ち入り調査を行ったが、調査が思うように進まず、建築中の小学校への認可は下りない可能性が強くなって来ている。籠池理事長らの対応は、適性さを欠いていて、滅茶苦茶だった。言って見れば、籠池に大きな穴が開いていたようで、話にならないようだ。こんな実態では、教育界に生き残ることはあってはならない。▲スポーツニュースでは、WBCのアジア地区の第一次予選リーグでは、侍日本が堂々1位で突破、2次リーグに駒を進める。ここではイスラエルやオランダの強敵がいて、このリーグに勝ち残れるかどうか、容易ではなさそう。▲最後に経済界の話題では、ここに来て東芝が大ピンチのようだ。決算発表がまたまた遅れそうだという。上場廃止も話云々されている。何としても東証には残って欲しい。

2.プライベートコーナー
 4時半起床、63.4kg。▲2度も受け取りに失敗、再々配達をお願いした郵便物を受け取るために、指定時間内は玄関ブザーを聞き逃すまいと集中して待機、気になって外に確認に出たタイミングで配達の方が来られて事無き得た。三度目の正直だった。(17-03-10)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3739 弾に屈す | ホーム | 3737 正体掴めぬ怖い奴たち >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP