プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3743 後継ぎがいない

 人口減少下にある今の日本では、子供がいないということで悩み、苦しんでおられる方は少なくない。後継ぎ問題もさることながら、優れた才能の受け継ぎ手がいないというのは、大きな損失のようにも思うのだが、…

1.独り言コラム
 小泉純一郎氏が総理在任時だった。天皇家に男系男子がいないということで、皇室典範の改正を行い、愛子天皇、いわゆる女性天皇の考え方が大きく取り上げられていた。もう十数年前の話しである。その時には、幸いにも、秋篠宮家に悠仁さんが誕生したことで、この騒ぎも一旦沈静化している。▲このことに関連して、今でも鮮明に記憶している貴重な風景がある。それは、ちょうど予算委員会のテレビの中継中だったが、小泉総理に、「紀子さん懐妊のお子さんは男の子」とでも書かれた(?)と思われるメモが渡され、それに目を遣った総理がにんまりとした瞬間をカメラが捉え、筆者もそれを見ていた。それを知る由もない質問者が、「総理、真面目に聞いてください」と不満を言っていたのが面白かった。▲とにかく、世の中には後継ぎがいないことで困っておられる方はごまんとおられる。歌舞伎や能など日本文化を継承する家族には重大な課題だ。そういう意味では、歌舞伎界の大御所、市川海老蔵家では、幸いにも小林麻央さんが大事な息子、勧玄君を生んでくれていたことで、本当に良かったと思う。▲芸能界では他にも、尾崎竜童/阿木燿子、中尾彬/池波志保、三谷幸喜/小林聡美、長門裕之/南田洋子(故人)などの方々は子供に恵まれていない。そして、その種の事例は枚挙に暇がない。▲向井亜紀、東尾理子さんなどのように不妊治療で頑張って子供を授かっておられる方々もいるが、大変なご苦労をされたようだ。▲スポーツ界でも、イチロー選手や古田敦選手のように、美人アナと結婚された才能あるスーツマンには、今のところ子供さんはおられない。優れた才能が途切れるのはもったいないといった野次馬的な見方もある。しかし、長嶋一茂選手や野村克則選手のようなケースもあるから、…。▲ところで、ここからが今日の大事なテーマなのだが、日本の総理で、その在任期間の最長が期されている安倍晋三総理、昭恵夫人の間にもお子さんはいらっしゃらないのだ。大政治家に後継ぎがないのは、実に困った話のように思うのだが、…。

2.プライベートコーナー
 2時起床、63.3kg。▲ドアホーンの子機2台が作動していないことが判明。早速近所の電気屋さんに持ち込んで調べてもらった。どうやら、バッテリーに寿命が来ているようだ。このところ、宅配便の再々配達など起きていたのも、これが原因だったのかもしれない。とりあえず、自分の寿命でなくて良かった。▲因みに、筆者も後継ぎでは頭を悩ましている一人である。(17-03-15)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3744 一丸侍日本、光る小久保采配 | ホーム | 3742 一時は無敵を誇っていたが、… >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP