プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3744 一丸侍日本、光る小久保采配

 侍日本が信じられないような力を発揮した。手に汗握る熱戦の連続だったが、6試合を無敗で勝ち切ったのはお見事と言う外はない。

1.独り言コラム
 シリーズ直前の壮行試合であれほど弱かった侍日本が、本番に入ってからは別のチームのような強さを発揮、6連勝という驚異の成績で1次、2次の予選リーグを共に1位で突破、堂々決勝トーナメント進出を決めた。▲しかし、6連勝と言えども、各試合は大熱戦の連続で、いずれも勝つことは容易でなかった。中でも、2次予選の初戦の相手のオランダは執拗な粘りを発揮、土壇場で延長戦に持ち込まれたが、初めてのタイブレークという厄介な方式を制しての貴重な勝利だった。▲6試合を通じて、二人の主砲、中田翔選手、筒香嘉智選手の一発や快打が効果的だった。オランダ戦では、中田選手の一発と決勝打、昨日のイスラエル戦では、筒香嘉智選手の一発が飛び出し、試合の流れを変えて大量点に結びつけての見事な勝利だった。▲投手陣では、昨日先発した千賀滉大投手が5回を無失点に抑える好投が光っていたし、昨日は自らの失策もあって3点を献上したが、牧田和久投手の活躍も大きかった。▲とにかく勝てば官軍で、どちらかと言えば地味な小久保監督の采配が卒なく、見事で冴えていた。勝つことによってチームは纏まり、一丸となった強さを発揮させた采配は、名監督の一角に名乗りを上げたと言えよう。米国でのあと2試合の戦いぶりを注目したい。

2.プライベートコーナー
 3時起床、63.0kg。▲1月後半から続いていた風邪気味の症状から、幸いにも漸く脱却できたようだ。ほっとしている。(17-03-16)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3745 死に体、白鵬休場 | ホーム | 3743 後継ぎがいない >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP