プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3746 安倍総理は本当に大丈夫?

 森友学園事件は、異様な展開を見せている。渦中の籠池泰典氏は言いたい放題で、今やワイドショーの寵児扱いである。安倍総理も変な奴に食いつかれたようだ。自民党も、遂に思い切って証人喚問に踏み切ったが、安倍総理のクリーン度は如何なものか。筆者は大丈夫だろうと信じているのだが、…。

1.独り言コラム
 一昨日の野党の代表が籠池氏宅で一時間ほど話し合ったという。肝心のその中身については、議員団も、今のところ黙して語らずで、証人喚問で本人が語るとしている。▲気がかりは、その直前の国会議員たちが建設中の学校を視察した際に、籠池氏が「安倍首相から100万円の寄付を頂戴している」と大声でほざいていたことである。▲それまの同氏は、安倍総理からも、昭恵夫人からも、何ももらっていないと言っていたのだが、一転して、それを翻したのである。事実なら大変厄介なことになる。▲なぜ、急に籠池氏が態度が変ったかについては、ワイドショーでは、一か月ほど前の国会論戦で、安倍総理が我慢できずに、籠池氏のことを「しつっこい人」と答弁の中で語ったのが、カチンと頭に来たようで、その後の展開で、学校の認可申請を取り下げざるを得なくなったために、黙っていられなくなったのではと解説していた。▲果たして、「蛇が出るか邪が出るか」。証人喚問での展開が注目される。国民は固唾を飲んでその展開を見守ることになる。筆者は、安倍首相の支持者の一人として何となく心配である。▲この事件、籠池泰典、鴻池祥筆(参議院議員)、それに追及の先頭に立つ共産党の小池晃(党副委員長)といった具合に、苗字に「池」という字の着く名前の持ち主がカギを握っていそうだ。そうなると、もう一人の「池」の入った苗字の持ち主である、人気者のジャーナリスト池上彰氏にご意見を伺ってみたい気分の昨日、今日である。▲蛇足だが、「池」の付く方と言えば、もう一人小池百合子都知事さんもおられるが、こちらの方は、築地/豊洲劇場での主役である。

2.プライベートコーナー
 3時半起床、63.2kg。▲「春近し」と言えど、このところのお天気は全く落ち着かない。一日を通し、雨、曇り、そして晴れ間が刻々と入れ替わる。風もかなりあってすっきりしない。(17-03-18)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3747 かみ合わない | ホーム | 3745 死に体、白鵬休場 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP