プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3753 暗転

 何が起きるか分からず、一寸先は闇である。思わぬ暗転が我々を待ち構えている訳で、油断大敵の毎日である。

1.独り言コラム
 大相撲春場所で、全勝だった新横綱の稀勢の里だったが、昨日の結びの一番で、横綱日馬富士の速攻に土俵下に転落、手痛い一敗を喫した。痛かったのはそれだけでない。稀勢の里が土俵下で左胸辺りを押さえてなかなか立ち上がれなかった。思わぬ負傷で、救急車で病院に運ばれた。若しかすると、今日から休場の可能性がある。ファンには悔しい暗転である。▲森友学園問題で、一昨日行われた証人喚問での籠池泰典理事長の証言が、政界に大きな波紋を投げかけている。一強だった安倍内閣が揺らいでいて、思わぬ暗転と言えそうだ。遺憾に思うのは、最近のワイドショーでは、コメンテーターに芸能人らを起用していることが多く、知ったかぶりをした彼らのコメントが、余計な風評を煽ることになり、聞いていて、極めて不愉快である。▲昨年の竜王戦の挑戦権を得たはずだった三浦弘行9段が、将棋ソフトの不正使用の疑いを受けて、2カ月間の出場停止を食らった。真面目な同棋士には思わぬ暗転であった。しかし、それが濡れ衣であったと分かり、今年2月からて対局を再開しているが、その後の4局で全敗を喫していて、どうしても勝てなくしまっている。将棋への感覚が狂ってしまっているようだ。三浦9段が受けた精神面での衝撃はあまりにも大きかったようだ。▲暗転は不意に襲ってくる。稀勢の里、安倍内閣、三浦9段の今後の立ち直りを祈っている。

2.プライベートコーナー
 4時起床、体重、63.0kg。▲朝の散歩を取り止めて久しいが、起床後の朝の段取りに余裕ができてゆったりとした時間を過ごしている。しかし、その反面、タガが外れたようで、少しずぼらになってしまっている面も多い。(17-03-25)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3754 春場所14日目、無念の2番 | ホーム | 3752 昭恵夫人、喚問に応じられた方がいいのでは。 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP