プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3760 ローテーション

 この言葉から、野球ファンなら、プロ野球の投手起用で使う「ローテ-ション」を連想する人も多かろう。今朝は、それとは関係なく、NHKのニュースアナの人事のローテーションの話しである。

1、独り言コラム
 新年度が始まるタイミングは、テレビ界では、番組の主役やキャスターたちの移動が注目されるタイミングでもある。筆者が興味を持ったのが、NHKのニュース番組担当のアナたちのローテションだった。▲案の定、夜のニュース番組3本で大きな動きがあった。先ずは、「ニュース7」を10年間務めた武田真一アナが降板し、新たに「ニュースウオッチ9」のキャスターを2年間務めた鈴木奈穂子アナが担当する。同じ「奈穂子」の橋本奈穂子アナ(滋賀県出身、本ブログ3757ご参照)は、「ニュース7」のアシスタントを担当していたが、夫の海外転勤で休職に入った。(今では珍しい内助の功である。拍手。▲鈴木奈穂子アナが抜けた「ニュースウオッチ9」には、「ニュースチェック11」を担当していた桑子真帆アナ、有馬嘉男の二人が揃って抜擢された。そして、その「ニュースチェック11」には新たに、青井実アナと長尾香里さんが新たに起用された。青井アナは、かつてクイズ番組「伝えてピカッチ」を担当していてユーモア豊かなアナである。総じて、なかなか面白いローテーションだと思う。▲この三角ローテーションで目立つのが、桑子真帆アナのホップ、ステップ、ジャンプの抜擢である。2年前に広島局から東京に転勤し、「プラタモリ」で好評を得たのが切っ掛けで、あれよあれよの連続抜擢である。さあ、今度の大舞台での手腕が注目である。▲おまけの話題だが、日テレの朝のワイドショー「ZIP」の小熊美香アナが、懐妊で産休に入る。ファンである筆者はちょっと寂しいが、元気な子供を産んで欲しい。復帰を期待している。▲話題は少しずれるが、ワイドショーは言葉の真剣勝負の生舞台でもある。番組のプロヂューサーたちの逆鱗に触れるとたちまち更迭である。そのつい最近の事例が、テレビ朝日の羽鳥慎一のワイドショーでのコメンテーターだった玉川徹氏の扱いだ。たまたま、筆者が見ていたのだが、籠池問題で、安倍総理批判に繋がるしつこい発言をしていたが、翌日から番組にその姿がなかった。怖い話である。▲さて、昨日は、「週末」、「月末」、「年度末」の三つが重なったプレミアムフライデーだった。巷では、「プレミアム・つらいでー」と呼ぶ人が多かったという。なかなか面白いキーワードである。

2.プライベートコーナー
 3時半起床、体重、63.2kg。3月度の平均体重は、63.3kg(前月比63.1Kg)だった。▲昨日も天気がよくなかったので、散歩は取りやめたが、三月度の散歩した日数は、半分にも至らない13日、歩行総距離は31.2kmだった。連続記録が途切れて以来、気合が入っていない。かつて、130km/月も歩いた頃が夢のようだ。老いたりなりとも言えよう。(17-04-01)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3761 ビッグサプライズのオンパレード | ホーム | 3759 大感動! 三浦奈保子と辛坊治郎  >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP