プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3761 ビッグサプライズのオンパレード

 昨日は、エイプリルフールだったが、恰も、それじゃないかと思わせるようなビッグサプライズのニュースで溢れた一日だった。時系列に沿って、フォローしてみた。

1.独り言コラム
 まずは、朝の毎日新聞の一面を見てびっくりした。将棋の第十八世永世名人の森内俊之9段が順位戦を卒業し、フリークラスに転出するというニュースである。平成28年度のA級順位戦でB1クラスに降級が決まった森内9段が、想定外の思い切った決断である。これは、もう名人復帰を諦めた決断である。通算名人8期を獲得、大山、中原、羽生に次いで、史上4位タイの名人在位記録保持者だったのだが、…。朝から超びっくりのニュースだった。▲お昼は、浪速ダービーとなった高校野球で、4本のホームランで優勝を決めた大阪桐蔭高校の破壊力にびっくり。特に、決勝本塁打を放ったのが、代打の選手だったことに、改めて、同校の選手層の厚さを見せつけられた。びっくり本塁打だった。▲プロ野球では、巨人の阿部慎之助選手のさよなら3ラン、それに、前日と同様に初回に大量点奪われた広島が、その後も失点を重ねながらも、じりじりと迫り、延長10回裏にさよなら勝ちを決めた逆転劇にもびっくりだった。今年も、プロ野球は面白そうだ。▲将棋の佐藤天彦名人がAIとの決戦に挑んだ叡王戦第一局が行われたが、名人は良いところなくAIに完敗。来月もう一局行われるが、勝つのは容易でなさそうだ。AIの強さにびっくりである。▲極めつけは、フィンランドで行われたフィギュアスケートの世界選手権で羽生結弦選手が、SPの5位から、自由演技で4回の4回転を全て成功させ、史上最高点をマークし、逆転でV2を果たした。首位と10点以上の差を覆しての優勝は、お見事と言うしかない。サプライズの極め付けだった。▲エイプリルフールでの話題はなかったが、総じて、楽しい一日だった。

2.プライベートコーナー
 1時眼覚め、体重、63.5kg(AM6時推定)。▲このところ、毎朝、庭の草取りに頑張っている。春の訪れで、草がどんどん顔を出し始めて来ている。かなり広い庭なので、その戦いは、恰もモグラたたきのような様相を呈している。地道な努力が欠かせない。(17-04-02)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3762 プロ野球、今年の順位予想に挑戦 | ホーム | 3760 ローテーション >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP