プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3765 4月番組改編で、NHKニュースアナの明暗

 NHKの夜のニュースアナが大きく変わったが、その結果はどうだったろうか。一口に言って、あまり変わり映えしていないように思うのだが、…。

1.独り言コラム
 期待していた「ニュースウオッチ9」の桑子真帆、有馬嘉男の二人だが、一口に言って期待外れである。桑子アナには、「ニュースチェック11」のようなバラエティー的なものが合っているようだ。シリアスな本格的なニュース番組には不向きだと思う。▲その「ニュースチェック11」に新たに起用された青井実アナと長尾香里さんは、まずまず成功組だと言える。新鮮味があって、今後への期待も大きい。特に、海外経験豊かなジャーナリスト長尾の今後に期待ができそうだ。▲「ニュース7」に移った鈴木奈穂子アナは、水を得た魚のようで、無難なスタートである。落ち着いた話術に好感が持てる。▲一方、「クローズアップ現代プラス」に移った武田真一アナは、何となくまだしっくりとは至っていない。いわゆるニュースを読み、伝える点では大変な才能の持ち主だったが、この種の企画もののキャースターに定着するにはまだ少し時間がかかりそうだ。この種の番組に関しては、かつての国谷裕子さんの出来が凄かったと改めて思う。▲休職に入った橋本奈穂子アナに変わって、「うたばん」に起用された小郷知子アナは、やはりバラエティには不向きのように思うのだが、…。▲京都局に飛ばされていた井上あさひさんは、「ニュース7」の土日祝に起用されることになった。まだ見ていないが、大いに楽しみである。▲他局の番組についても一言付記したい。日本テレビの「ZIP」で、小熊美香アナの産休で、代わりに起用された徳島えりかアナだが、この番組に関する限り、筆者の好みには今一つである。一方、史上最も若いキャスターとして起用されている読売テレビの夕方のニュースワイド、「ten」の中谷しのぶアナは、一か月経過したが、なかなか頑張っていると言えよう。番組全体が明るく、軽快である。▲各アナの能力を引き出すのも、各局人事の手腕が問われると思うのだが、多くの有能な人材を抱えるNHKの人事部は、その人材を持て余しているように思う。

2.プライベートコーナー
 2時起床。体重、63.6kg。▲車の定期点検日だった。走行距離がおよそ300/月程度だと話すと、バッテリーの機能を保つ上で、もう少し走った方がいいということで、車による散歩も必要となった。ちょっと厄介な話である。(17-04-06)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3766 注目の対決が始まっている | ホーム | 3764 2022年、藤井翔太最年少名人誕生? >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP