プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3770 ちょっといい話は健康保持のビタミン剤

 今朝のニュースで浅田真央さんの引退を知った。何だかほっとした感動がある。先の週末にも、幾つかのちょっといい感動の話題があった。それらは、筆者にはいい意味でのインパクトを与えてくれた。

1.独り言コラム
 先日のこのコラム(3763ご参照)で、畏れ多くも、浅田真央さんは、引退の時期を誤ったのではと書いたのだが、ご本人が、遂に、自分に納得した形で決断をされたブログが昨夜公開された。後悔はないという。敢えて、ご同慶の至りと申し上げておこう。小学校6年生の頃から頭角を現し、天才少女と呼ばれて10数年に渡って大活躍、頑張って来られた彼女の活躍は、偉大なヒロインとして、日本中のファンを大いに楽しませてくれた。拍手を送り、ご苦労さんと申し上げたい。多くの若手のスケーターの誕生に大きな貢献をされた功績は大きい。これからの新しい人生を大いに楽しんでもらいたい。▲体操の内村航平選手が、全日本選手権で、もがきながらの苦闘の末に10連覇を果たした。新旧交代は世の常だが、台頭する若手を押さえての貫録の勝ちっぷりでお見事だった。東京オリンピックまであと3年、頑張り切れるのだろうか。ファンは少しやきもきである。▲日本人初の優勝を期待されたマスターズでの松山英樹選手だったが、最終日に追い上げたものの、11位タイに終わった。4日間の戦いのうち、初日と三日目の出来が今一つだったのが残念で、優勝争いには絡めなかった。それにしても、その粘りある戦いぶりには、今後への期待に繋がるものであることを立証した。感動を与えてくれた4日間だった。▲結局、マスターズでの優勝はスペインのガルシア選手が、プレイオフの末、メジャー初優勝を果たした。プロ入り後18年目の快挙だった。最終日の18ホールの戦いは、抜きつ抜かれつ、追いつ追われつの大変にもつれた大熱戦で、思わず中継画面に吸い付けられていたが、その優勝決定の瞬間は、何故か、筆者が思わず「やった!」と興奮して声を出していた。▲それほどの感動ではないが、ほっとしたニュースの一つが、NHKの井上あさひアナの東京アナウンス部への復帰である。3年前までは、華の「ニュースウオッチ9」のキャスターを務めて立派な仕事ぶりを披露してくれていて、NHK女子アナのエースだったが、2年前の人事異動で何故か京都局に飛ばされた。しかし、晴れて、3年ぶりの東京アナウンス部への復帰である。さすがに安定感、説得力のある彼女の復活を大いに喜んでいる。ある種の感動秘話である。今の担当は、「ニュース7」(土日祝)や「歴史秘話ヒストリア」を担当している。▲ちょっといい感動話、嬉しい話は、今の筆者にとっては、健康保持の貴重なビタミン剤である。

2.プライベートコーナー
 3時起床。体重、63.7kg。▲今年度の町内の評議員の一人として、昨日、初めて担当地域内の皆さん宅に回った。中には、お留守でお会いできない方もおられたが、お会い頂いた方々は、皆さん、大変親切な対応で有り難たかった。重荷で不安だった役回りだったが、何とか、一年間やっていけそうな気がし始めている。(17-04-11)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3771 シャープ&東芝 | ホーム | 3769 雲行きが怪しい >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP