プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3778 タカラジェンヌ

 昨日、宝塚音楽学校で入学式が行われた。毎日新聞の夕刊には、「ダイヤの原石一歩」という見出しで報じていた。

1.独り言コラム
 今年は第105期生で、26.1倍の難関を通過した40人が2019年春の初舞台を目指して希望に満ちた嬉しいスタートを切った。これからの2年間を、声楽やダンスの稽古に取り組む。▲タカラジェンヌと言えば、筆者が知っているだけでも、天海祐希、黒木瞳、真矢みき、涼風真世、大地真央、真琴つばさ、壇れいさん、それにNHK短歌の司会を務めている剣幸さんなどそうそうたる方々がおられて、枚挙に暇がない。▲中でも、天海祐希さん、入学試験の面接官が、彼女を見た瞬間に「合格」と宣言、「彼女を生んでくれたお母さんに感謝したい」といったというエピソードを今朝のワイドショーが紹介していた、とにかく、最初から抜群に目立っていたのだろう。▲今年の入学制の中でのトピックスとして、あの熱い男、松岡修造氏の愛娘の松岡恵さんがいる。今朝のワイドショーで見た映像では、お父さんを感じさせない、静かで綺麗な方である。▲いずれにしても、数年後には、この40人の中からも、何人かが有名スターとして、我々を楽しませてくれることだろう。大いに楽しみである。

2.プライベートコーナー
 5時半起床。体重、63.5kg。▲前にも書いたが、春先は。庭の雑草との戦いが熾烈だ。特に雨の後は、あっという間に雑草が生えて来る。最近は朝夕、少しずつ雑草取りに時間を割いている。この作業は、少しやるだけで腰が痛くなるので厄介なのだ。(17-04-19)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3779 20歳の真鈴さんの快挙! | ホーム | 3777 14歳と17歳のすっごい二人の若者 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP