プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3781 世界各国で重要な選挙が続く 世界は変わるか?

 民主主義国家では、選挙結果が国の進路の行方を左右する。今週末のフランス大統領選挙を皮切りに、世界各国で重要な選挙が続く

1.独り言コラム
 今週末のフランス大統領選挙は4人の候補者で争われているが、接戦が続いていて、どうやら、この週末の選挙は、決選投票に臨む上位二人を選ぶ戦いになりそうだ。EU離脱への国民の意向がどんな形で出るかに焦点が絞られている。▲5月9日には、お隣の韓国での大統領選挙が行われる。ここでも4人の候補者が立候補、混戦の模様である。いずれの候補も半日色が強く、慰安婦像撤去に合意した前政権の合意が反故にされそうだ。国家間の合意が守られないようでは話にならない。▲6月8日には英国で総選挙が行われる。EU離脱を進めるに際しての国民の支持を確認しておこうとするものだが、そこにはメイ首相の大胆なかけだとの見方もある▲7月2日には、東京都議会議員選挙が行われる。豊洲移転などを巡る小池都知事への信頼性が試される。どこまで、都民ファーストグループが勢力を拡大するか、全国民が興味深く見守っている。▲9月24日にはドイツでの総選挙が予定されている。メルケル首相の4選が支持されるかどうかがポイントだ。これには、フランス大統領選の結果が大きく影響しそうである。フランスがEU離脱となれば、メルケルは危ない。▲このほかにも、今年の秋には、中国では5年に一度の中国共産党大会が行われる。習近平主席がその基盤の安定化を図る大事な大会だ。▲さて、日本だが、このほど区割りの見直しが行われ、今国会で成立の見込みである。いわば、解散への準備も整いつつあり、いよいよ本格的な解散風が吹き始めそうだ。▲これらの選挙結果次第で、世界の行方が左右される。それ故、世界が新たな進路を目指して模索中だといえそうだ。

2.プライベートコーナー
 2時起床。体重、63.9kg。▲3年以上も前の話しだが、母親が100歳を迎えるに際して、「100歳へのカウントダウン」と称して毎朝、母親にカードを作り、励ましの言葉などを書いていた。それに対し、母親も時々だったがコメントを返してくれていた。いわば、母と息子の心の会話だったのだが、それを纏めたものに、それまでに分かっている筆者の家系に関する情報を総括した小冊子を纏める作業を続けている。そこには、もちろん、父親、そして妻の死を看取った際の記録も取り込んでいる。言ってみれば、筆者の家系のちょっとした大全集である。(17-04-22)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3782 歌う!SHOW学校 | ホーム | 3780 3億8千4百万円強奪される >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP