プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3788 NHKニュースアナたちの攻防

 早いもので4月も明日で終わる。新年度に入って一カ月、大きなローテーションが行われたNHKニュースキャスターたち、特に、女性アナたちの新天地での出来栄えなどの印象についての独り言である。

1.独り言コラム
 夜の番組から始めよう。水を得た魚のように生き生きと光り輝いて頑張っているのは、「ニュース7」の鈴木奈穂子アナ(月~金担当)と井上あさひアナ(土日祝担当)だと思う。生き生きとしていて、しっとりとした落ち着きのある話し方は抜群だ。▲その逆に、花の「ニュースウオッチ9」のキャスターに抜擢された桑子真帆アナは、今までの魅力だった明るい個性が発揮できておらず、また相棒の有馬嘉男氏も何となくぎこちない。この二人は、野に置け蓮華草的な存在だったのかもしれない。▲「ニュースチェック11」の新しいコンビ、青井実アナと長尾香里さんの二人は、明るく新鮮さがあって感じが良い。中でも、長尾キャスターの自信に満ちた話しぶりがなかなか素敵だ。▲花の「ニュース7」のキャスターから、クローズアップ現代プラスに移動した武田真一アナは、まだ不慣れで、少し突っ込み方に弱さを感じるが、まずまずの出だしだろう。▲朝のニュース番組では、「おはよう日本」6時台の高瀬耕三、和久田麻由子のお二人はなかなか好印象、ソフトな美人アナの和久田さんに魅力を覚える。その爽やかさは朝の番組にぴったりだ。▲お天気の酒井千佳さんは、早朝の4時半から頑張っている。民放の「おはよん」からの移籍だが、筆者は、その頃から好印象を覚えていた。また、「ブラタモリ」で地味に頑張っている近江友里恵アナも5時台に顔を出している。ちょっとしたサプリ的な味がある。▲また、土日祝担当の小郷知子アナは、母親になって復帰した一人だが、落ち着いた円熟味も出ていて安定感がある。筆者好みのアナの一人である。▲競争の激しいこの世界だが、生き残るのは誰か。興味津々である。女性アナの場合は、美貌の衰えと共に、使い捨てにされるケースが多いのが気の毒だ。

2.プライベートコーナー
 3時起床。体重、64.5kg。▲株取引を始めて30数年になるが、昨年まではずっと証券会社の東京本店に口座を置いていた。しかし、やはり、地元の方が何かとサービスもよいだろうと考えて、一年前に大津支店に切り替えたのだが、その期待は完全に裏切られた。担当者は直ぐに退社して居なくなるし、カバーしてくれる課長も交替、期待したサービスも全く得られていない。明らかに東京に口座を置いていた方が良かった。裏切られた思いである。(17-04-29)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3789 気がつけば、トランプ政権、早や100日! | ホーム | 3787 稀有の天才棋士は、どこまで棋界の不滅の記録に迫れるか! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP