プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3791 線路は続くよどこまでも

 凄いルーキー棋士の登場だ。中学生棋士、藤井翔太4段である。思わず唱歌を口ずさんでしまった15連勝である。

1.独り言コラム
 筆者は昨日の朝から、藤井聡太4段の15連勝のかかった竜王戦6組の準決勝戦の展開を注目していた。相手は、比較的若手の強豪の金井恒太6段である。対局は10時から始まったが、11時間後の9時少し前に、90手で金井6段が投了した。▲後手番だった藤井4段だったが、中盤で、守りの要の「金」を前戦に繰り出す思い切った戦いぶりで、終始攻勢の展開だった。終盤、詰めに段階で、どんな寄せ方をするのかに注目していたが、卒なく無難に攻め切った。堂々の15連勝だった。▲竜王戦は、実力に応じて強さ順に6組に分かれて予選を行う。ルーキーの藤井4段は当然6組からのスタートである。決勝トーナメントに進めるのは、1組からは5人、2組から2人、それ以外は各組優勝者だけの11人である。この11人で挑戦者決定のトーナメントが行われ、そこでの優勝者が渡辺明竜王に挑戦する仕組みになっている。▲藤井4段は、昨日も勝って、次の決勝戦に勝つと、いよいよ挑戦者決勝トーナメントに駒を進めることになる。つまり、竜王奪取も夢でなくなって来ているのである。▲同棋士は、目下、この竜王戦の他に、棋王戦、王将戦、それにNHK杯トーナメントに出場しているし、近々、新人王戦、青流戦、そして6月からは昇級を掛けた大事な順位戦が始まる。勝てば勝つほど対局数が増えて来るのが、この世界の常で、今後はどんどんと対局数が増えて来る。どこまで勝ち進めるか、ファンもますます忙しくなりそうだ。▲ところで、筆者は単純な男で、その人の才能に惹かれるとすぐにファンになってしまうのだが、同棋士場合も例外でなく、プロ入り前の奨励会時代から、気がつくと熱心な同棋士のファンになっていた。▲さて、次の16連勝がかかる対局は、5月4日に新人王戦でアマの棋士と対局が予定されている。ここまで来ると、差し当たっては、将棋界の連捷記録である28連勝を更新して欲しいものだ。▲今後の、冥途への手土産に、願わくば、同棋士が19歳、若しくは20歳で、最年少名人となって、谷川浩司17世永世名人が持つ21歳に最年少名人の記録を塗り替えるのを、この目で確かめたいのだが、…。▲昨日も元横綱の佐多の山関の79才の訃報が報じられた。筆者のお迎えも近づいていることは確かである。厚かましいお願いになるが、この手土産の願いの気持を、是非とも神様に「忖度」頂ければありがたいのだが、…。

2.プライベートコーナー
 2時半起床。体重、64.4kg。▲ファミレス通いの平凡な日々を過ごしている。平凡な中に安らぎを覚える今日この頃である。(17-05-02)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3792 反応が今一つ | ホーム | 3790 凄い男がいたもんだ! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP