プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3795 最近の筆者のファン事情

 大辞林で「ファン」を検索すると、「芸能、スポーツなどの熱心な愛好者。また、特定の俳優、選手、人物、団体などをひいきにする人」とある。

1.独り言コラム
 気が付いたらファンになっていたというケースは多い。かつては、大のファンになりすぎて、食事がのどを通らないようなケースもあった。しかし、最近は老化したこともあって、そのような大ファンの対象者はいなくなった。▲筆者がファンになるケースは、その対象者が抜群の能力、才能を有している場合、あるいはその対象者の生きざま、考え方に共鳴する場合が主体で、女性に限っては、その風貌、見栄えな美貌の要因も少なくない。それ以外に、気に入らない対象者のライバルのファン、いわゆる「アンチ〇〇」のケースもある。▲最新の事例では、将棋界の新星、藤井壮太4段には、その抜群の強さに惹かれて、いつの間にか、ファンになってしまっている。連勝が続いている今の時期は、対局がある日は朝からネットでその模様をフォローし、その展開に一喜一憂、時には、驚き、感動することもしばしばだ。連勝記録が、どこまで続くか、藤井4段の対局からは、当分目が離せない。▲今の筆者の大のファンは、「朝まで生テレビ」などに出演している三浦瑠璃さんの大ファンだ。少し首をかしげて、立て板に水のごとく自分の考え方を披露する彼女のシーンには、思わず惹きこまれてしまう。大変な美人論客である。▲他には、クイズ番組の「Q様」で頑張っている二児の母となった三浦奈保子さんの負けん気も気に入っている。後輩の天明麻衣子さんが人気上昇中で、密かに燃やすライバル心が魅力である。▲昨年までは、将棋の郷田真隆9段、ゴルフの宮里美香さんの熱心なファンだったが、このところ持ち前の強さが無くなってしまったので、ファンから離脱した。その結果、随分と気分が楽になった。彼らの勝負に一喜一憂しなくてよくなったからである。元々、宮里美香さんは、宮里藍さんのアンチファンという不純など動機でファンになったが、今は二人とも力が衰えてしまい、魅力がなくなったことで、自然な形でのファン離脱だった。▲アンチファンと言えば、筆者はアンチ巨人、アンチ阪神である。ということで、プロ野球に関しては、このところ、これといった好きなチームはない。敢えて上げれば、梨田監督の楽天、外国人監督として頑張っているラミネス率いるDeNAである。▲最後にファンと言えば失礼になるが、安部晋三総理は、数少ない好きな政治家の一人である。

2.プライベートコーナー
 2時起床。体重、64.1kg。▲昨日から。千葉にいる長男宅に世話になっている。昨夜は、久しぶりに二人で痛飲した。(17-05-06)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3796 異変! 阪神タイガース首位奪取 | ホーム | 3794 強さの證明 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP