プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3800 未来志向

 この言葉は、実に便利な言葉だ。現在ある問題を棚上げにして、とにかく、仲良くやりましょうというのだ。直接の殴り合いは避けての大人の付き合い方の一つなのだが、…。

1.独り言コラム
 最初の安倍晋三―文在寅の電話会議が行われた。安倍総理は、慰安婦問題に関する日韓合意をしっかりと履行して欲しいと申し入れたのに対し、文大統領は、韓国の国内世論の事情を説明し、未来志向という言葉を多用したという。見直しに言及しなかったのがちょっとした意味を持つ(?)▲小池都知事が安倍総理に面談し、2020オリンピックの仮設費用500億円を東京都が持つと決断したことを明言した。他にも運営し8200億円の負担については決まっておらず、まだまだ大変な課題が残っている。とにかく、オリンピックは金がかかる。それにしても、誘致に手を上げる際には、そのことを棚上げにし、いわゆる未来志向ということで、あの「TOKYO]という誘致決定時には全国民が歓喜に包まれていたのだが、…。小池さんも、都議選を控えて苦しい状況下にある。▲憲法改正に向けて、思い切った意思表示をした安倍総理だが、自民党内も一本になっておらず、先行きは容易ではない。この問題も当然、未来志向での対応という事だろう。▲我々のような高齢者には、この未来志向という言葉は 実感が伴わず、うつろに響く。

2.プライベートコーナー
 5時半起床。体重、63.8kg。▲昨日は、今回の上京の最終日で、余った時間を使って東京スカイツリーを見学した。錦糸町から歩いて半時間足らずの距離、近づいて行く段階では、大して高くないように見えていたが、その真下から見上げると、目がくらみそうな高さに、なるほどと実感、その雰囲気を楽しんで帰途に着いた。▲帰宅は夕方6時過ぎ、無事に戻ってほっと。しかし、さすがに疲れていた。▲お付き合いいただいた多くの方々に改めてお礼を申し上げたいと思います。(17-05-12)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3801 ロシアゲート | ホーム | 3799 最終的かつ不可逆的な解決 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP