プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3806 快進撃

 勝ち負けは時の運ともいわれるが、相手を寄せ付けない強さでの快進撃には、快哉を叫ぶ場合もあれば、どうにでもなれといった開き直りの場合もある。

1.独り言コラム
 中学生棋士藤井聡太4段が、昨日行われた若手の棋士による加古川青竜戦の一回戦で、竹内雄悟4段に勝って、連勝記録を歴代7位タイの18に伸ばした。昨日の対局は持ち時間が各1時間という早指しの対局できびきびした激しい戦いだった。▲筆者は、静岡に向かう列車の中で、棋譜の生中継を携帯で観戦していた。中盤では押され気味で、あわや敗北か、と思われる局面が続いたが、藤井4段は、受けもなかなかしっかりしていてこれを凌ぎ勝利した。この連勝、どこまで続くか興味は尽きない。▲大相撲夏場所は前半戦を終わったが、稀勢の里は負傷が癒えておらず、既に2敗を喫している。その一方で、白鵬と日馬富士の2横綱と共に、大関を狙う関脇高安関の3力士が5連勝で快進撃が続いている。中でも高安の強さが光っている。どうやら、大関は間違いなさそうだ。▲プロ野球では、駄目虎と呼ばれて久しかった阪神が汚名返上の勝ちっぷりが続いている。昨日は負けたが、それでも貯金が11と独走態勢だ。アンチ阪神ファンの筆者はお手上げ状態である。どうにでもなれと、開き直っている。▲トランプ大統領の登場以降、上昇の一方を続けていたアメリカの株価が、ロシア疑惑の深まりで、一昨日は370ドルを超す大幅な下げとなった。今朝は少し持ち直したが、それまでの快進撃に赤信号と言ったところである。▲一方、これまた快進撃を続けて来た第二次安倍内閣だったが、あの昭恵夫人の100万円問題の森友問題が浮上して以降、快進撃にストップがかかった状態である。テロ防止罪法、憲法問題、またここに来て新たに加計学園問題も登場し、ぎくしゃくが続いている。▲常識的には、快進撃は、いずれはストップするものである。

2.プライベートコーナー
 6時起床。体重、63.8kg。▲静岡にいる妹が再び入院したので見舞った。急ぐこともなかったので、ローカル線を使って往復した。(17-05-19)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3807 強行採決 | ホーム | 3806 迷宮入りか? >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP