プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3809 夢の竜王にマジック12

 このところ、毎週、中学生棋士の藤井聡太4段の対局が予定されていて、将棋ファンは目が離せない。目下、同棋士は、竜王位にマジック12と迫っている。

1.独り言コラム
 18連勝中の藤井聡太4段は、目下、竜王戦、王将戦、棋王戦、加古川清流戦、NHK杯戦に出場中である。6月からは大事な順位戦、それに8番目のタイトル戦として装いを新たに誕生した叡王戦にも参戦する。▲これらの棋戦の中で、勝ち進めば到達できる最も早いタイトル戦は竜王戦である。9月末までには挑戦者決定戦三番勝負が行われ、10月からは渡辺明竜王との7番勝負が予定されている。▲今週は、19連勝とその竜王戦の挑戦者決定トーナメント入りをかけての予選枠抜けの決勝が行われる。そして、その決勝トーナメントで勝ち続け、7勝すれば挑戦権を得ることになる。但し、トーナメント戦であるが故、決勝までの5戦は全部勝たねばならない。▲つまり、端折って言えば、中学生竜王誕生まで、今週の予選決勝の一局を加えて、マジック12である。まだまだ先の長い戦いではあるが、決してリアリティのない夢ではない。▲この将棋界は勝てば、どんどん対局数が増えて来る仕組みになっている。このまま連勝が続くとは思わないが、竜王戦は尤も早くタイトルに到達できる棋戦である。言うまでもない事だが、王将戦、棋王戦でも予選突破を目指しての快進撃は続いている。下手すると(?)、来年3月には、藤井3冠が誕生しているかもしれない。▲差し当たっては、今週25日に行われる竜王戦予選決勝での近藤誠也4段に勝ってマジック11とするのが、その夢への第一歩である。(本コラム、最初に配信した際には、勘違いでマジック10としていました。お詫びして訂正します。)

2.プライベートコーナー
 2時半起床。体重、63.9kg。▲お墓参りに三井寺を訪れたが、催し物があって、いつもの入り口からは車で入れなかったので、そこからお墓まで歩いた。散歩からご無沙汰していたので、歩くのも悪くないと思って頑張った。(17-05-22)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3810 ポートの効用 | ホーム | 3808 短命、ゲートは鬼門 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP