プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3810 ポートの効用

 大辞林の「ポート」の項には「港」という意味が最初に記載されている。ナース・ペディアでは、「ポートとは、血管内に薬剤を注入するための医療機器である。皮膚の下に埋め込み、カテーテルを血管内に留置することで、薬剤を確実に静脈内へ注入することができる」とある。

1.独り言コラム
 小林麻央さんの乳がんとの闘いは壮絶である。彼女が頑張って書いているブログ、「KOKORO」を、毎回、心の痛みを覚えながら読ませていただいている。あくまでも前向きな闘志を懸命に掻き立てながら綴っている彼女の超感動作品である。▲去る5月21日付けの「痩せる」というタイトルのブログでは、「着替えの際に自らの変わり果てた姿に衝撃を受け泣いてしまった。それでも、泣いていても駄目だと自らを奮い立たせ、頑張って食事をした」と書いている。そして、圧巻は、「精神力までは瘦せ細っていない」と自らを鼓舞している点である。▲更に、その中盤では、「ポートを入れてからは、毎日 水分、高カロリーの点滴ができて安定しています。ポートには感謝します。私の悩みを ひとつ、二つと減らしてくれました」とある。▲筆者は、彼女のこのブログで、初めて「ポート」という医学用語を知った。ナース・ペディアには,「ポートの形状は2~3ミリの円盤状のタンクで、中心部には圧縮されたシリコーンゴム(セプたム)があり、カテーテルが接続されている」とある。筆者のイメージでは、点滴の機能が体内に埋められているような感じである。▲いずれにしても、彼女の毎日の頑張りは凄い。「命を削るようにして頑張りながら、命を育んでいる」ように思う。何としても、回復して欲しいと祈る毎日である。

2.プライベートコーナー
 3時起床。体重、64.0kg。▲昨夕、久しぶりに湖岸を散歩した。庭の雑草との闘いを優先させていたため、散歩が遠のいていた。何となく、それまでの散歩よりも疲労感が大きいような気がした。(17-05-23)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3811 量産 | ホーム | 3809 夢の竜王にマジック12 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP