プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3811 量産

 北朝鮮の金正恩委員長は、ミサイルの量産を指示したという。隣国の戦力強化は恐怖以外の何ものでもない。

1.独り言コラム
 今年に入ってミサイル発射実験を繰り返している北朝鮮の動きは、戦力強化による恐怖拡大を加速している。狙いは、核保有国としての存在を世界に認知させることにあるようだ。許しがたい行為であるが、今のところ、棄権を無視したトランプの思い切った軍事行動以外に、それをストップさせる手立てがない。ミサイルの量産っていう表現に違和感を覚える今日この頃である。▲量産という言葉は適用範囲は広く、ものつくり以外にも、例えば、野球界で、ホームランや安打の量産という形で多用されている、今年の日本のプロ野球界を見てみると、ホームランでは、オリックスのT-岡田選手の11本を別格とすれば、後は、レアード(日本ハム)の12本、エルドレッド(広島)の11本、デスパイス(ロッテ)の10本、グレーロ(中日)9本など、外国人選手の活躍が目立っている。▲早実のスラッガー清宮幸太郎選手は、数日前に春季関東高校野球大会で通算95本目の本塁打を放った。この量産ペースは驚き以外の何物でもない。将来のプロでの活躍が期待される。▲一方、大リーグでは、昨年までに3030本のヒットを量産して来たイチロー選手は、今年は振るわず、昨日まで51打数8安打と低迷中で、売り物だった安打量産機能に赤信号が点っているようだ。▲注目のトランプ大統領は、大統領に就任直後から大領領令の量産をして注目を集めたが、支持率アップには繋がっていない。ロシアゲート問題では弾劾の危機もあり、今後が心配である。▲とにかく、ミサイル量産というのはとんでもない話であって、量産というのは、あくまでも、人類の平和に貢献、寄与するものであるべきだと思う。

2.プライベートコーナー
 2時起床。体重、64.1kg。▲生垣が生育して高くなり過ぎたので、少しずつ低くする作業を行っているが、脚立を使っての作業は老人には容易ではない。悪戦苦闘している。(17-05-24)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3812 なるか! 19連勝 | ホーム | 3810 ポートの効用 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP