プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3814 主役

 各界での主役の動きが注目されているが、なかなか期待に沿った動き、結果に繋がっていない。

1.独り言コラム
 昨年の伊勢志摩サミットから早一年、今年のG7は、昨日から地中海のシチリア島で始まった。この一年での大きな変化は、昨年に比べて4人の首脳の顔ぶれが変わっていることである。中でも、主役の立場にあるべき大国アメリカのトランプ大統領が異端児的な存在になっていて、果たして結束ができるかどうかに注目が集まっている。▲稀勢の里人気で始まった大相撲夏場所だったが、結果的には白鵬が全勝で突っ走る結果となって、主役が途中で交替した感じである。もう一つの注目は、脇役の高安が稀勢の里の休場による失望を補っている。▲加計文書の存在を暴露して、一気に主役に躍り出た前川前文部科学省事務次官の出現で国会が紛糾している。先の次官人事で不当な扱いを受けた腹いせがあるのだろう。自らは証人喚問に出ると喚いているが、…。この話題も、ある意味では消耗品扱いされて消えてゆくのだろう。▲夢の9秒台が期待されて久しいが、その主役の一人である桐生祥秀選手は、注目されて4年目になるが、なかなかその壁を破れない。昨日行われた関東学生選手権でも残念ながら、その夢はかなわなかった。▲将棋の名人戦7番勝負の第5局が昨日から始まっている。2勝2敗のタイを受けて、タイトルへの王手をかけた大事な対局だ。佐藤天彦名人が防衛を果たすのか、稲葉陽新名人が誕生するのか、興味津々である。しかし、将棋界の今の主役は名人位争いではなく、ルーキーの藤井聡太4段である。羽生時代も、若手の台頭に押され気味だ。▲安倍総理の総理在位期間が小泉純一郎総理の1980日を抜いて、歴代4位にランクアップとなった。筆者は今、朝まで生テレビを見ながら、これを書いているが、「森友、加計両学園問題、テロ対策法案、憲法改正など、多くの問題を抱えながらも、安倍総理の支持率が落ちないのは何故か」といった議論が展開されている。主役安倍晋三は依然健在だ。

2.プライベートコーナー
 2時半起床。体重、64.1kg。▲お昼すぎに久しぶりに湖岸を歩いた。適度な風もあって歩き易かった。散歩をするのが億劫になって来ている。(17-05-27)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3815 スッキリ | ホーム | 3813 出来過ぎ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP