プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3816 ピンチ! 高橋由伸監督

 今年のプロ野球も、はや、ペナントレースのほぼ1/3を終えた。どうも巨人軍が冴えていない。久しぶりに野球の話題で楽しんで見よう。

1、 独り言コラム
 パ・リーグでは意外にも楽天が独走態勢に入りつつある。梨田昌孝監督の采配は冴えている。一方のセ・リーグでは、一時は、阪神が独走の気配を見せたものの、その後にもたつきがあって、結局は、広島が首位を奪回した形で、交流戦に入る。▲そんな中で、巨人は昨日も広島に敗れて3タテを食らった。酷いのは、広島との対戦成績が1勝10敗というとんでもない体たらくである。どうしたのであろうか。高橋監督の手腕が問われている。▲かつての高橋由伸選手の現役時代は、とにかく優等生だった。球団トップからの覚えも高かったようで、若くして、いきなり監督に抜擢された。しかし、昨年も2位に終わり、クライマックスシリーズでは、3位だったD絵NAに敗れた。▲気になるのは、今の巨人軍には、選手層の薄さだ。阿部慎之助、坂本勇人、長野久義選手ぐらいで、若手にこれはといった目立った選手が見当たらない。▲そんな中で、高橋由伸監督の表情が能面的で、感情が表に出てないのが気になる。落ち着いていると言えばそれまでだが、闘志が表に出ていない。このままペースでは、鼎の軽重が問われるだろう。交流戦以降の戦いぶりに注目したい。とにかく、この世界勝てば官軍の世界である。▲今一つの気懸りは、阪神の鳥谷敬選手の怪我の具合だ。連続試合出場の記録がかかっているだけに、金本監督も気を遣うだろう。怪我の翌日の同選手の風貌は凄かった。痛みに堪えて頑張っている同選手の闘志を称えたい。この世界も一寸先は闇である。▲東京6大学野球では、立教大学が33期ぶりに13回目の優勝を果たした。あの長嶋茂雄選手の在学中には4連覇も果した実績が残っているが、今は昔の話しである。▲高校野球では、早実のスラッガー清宮幸太郎選手が、昨日も沖縄で通算96本目のホームランを放った。100本越えは時間の問題だ。▲そんな華やかな話題の中で、滋賀県では彦根東高校が春季大会で優勝、昨日は近畿大会で、京都の平安高校に勝ってベスト4に進出している。進学校で有名な彦根東高校であるが、今や文武両道で頑張っている。膳所高校出身の筆者は、ライバル高の活躍に複雑な気分である。

2.プライベートコーナー
 3時半起床。体重、63.5kg。▲気分転換を兼ねて、夕食後に湖岸を歩いた。視界がよく利いて周囲の山々がきれいに眺望できた。風も心地よく、散歩には絶好の条件だったが、身体は何となく重く、爽やかな散歩とはいかなかった。(17-05-29)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3817 ミサイル発射もユビキタス | ホーム | 3815 スッキリ >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP