プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3822 離脱

 離脱と言えば、昨年のイギリスで国民投票によるEU離脱は、世界に大きな衝撃を与えたが、去る6月1日のトランプ大統領のパリ協定離脱宣言はそれを上回る大きな騒ぎとなって来ている。

1.独り言コラム
 トランプ大統領のパリ協定からの離脱の波紋は見かけ以上に大きい。米国内でも自治体の反発は拡大していて、これまでに10州に達し、大都市のロサンゼルス、ボストン、シアトルなど、少なくとも177市が、オバマ前大統領が約束した削減目標を維持していくことを表明している。▲かつての製鉄都市ピッツバーグ市の代表だと自称し、離脱の大きな根拠としたトランプ大統領に対して、同氏の市長は、「トランプ氏は何もわかっていない」と指摘、市として削減目標を維持してゆくと強調している。足元を掬われた感じである。▲離脱宣言と同時に、批判の立場に立ち、パリ協定を守ってゆこうと中国、欧州が立ち上がったのに加え、排出量が世界4位のインドも「順守」を表明した。かくして、トラン大統領の孤立が浮き彫りになって来ている。4年間の大統領任期は持つのだろうか。▲小池百合子都知事が自民党に離党届を出した。処分はまだ決まっていないが、実質的に自民党と決別であり、離脱でもある。この離脱宣言で、来るべき都議会議員選挙への小池劇場の幕開けを期したものと思われるが、この見え見えの興行への前評判は芳しくなさそうだ。都民は、どう反応するのだろうか。▲秋篠宮眞子さんの婚約発表が間近だそうだ。現行の法制下では、結婚されると宮家を離脱されることになる。つまり、どんどんと皇族の数が減ってゆく。これでは、公務の遂行に支障が出て来ることになる。この度の天皇退位の法制化と同時に、改めて皇族からの離脱を改めようとする動きが加速している。▲さて、話は変わるが、巨人軍が昨日も一点差負けで9連敗中だ。9連敗は、過去4度の事例があるそうだが、いずれのケースも優勝はしていない。広島、阪神の首位グループから、昨夜の時点で、7~8ゲーム以上離されてしまっており、選手諸君の戦意も喪失気味なのではなかろうか。どうやら、今年の巨人軍は、この時点で優勝戦線から離脱である。監督の休養話題が出て来そうな雰囲気である。

2.プライベートコーナー
 3時起床。体重、63.0kg。▲昨夕、夕食後に久しぶりに散歩した。体調がすぐれないこともあったが、このところの散歩は、ついついさぼる傾向が増えている。▲因みに、5月度の散歩実績は、東京でスカイツリーまで歩いたなどを加えて、日数で9日間、距離にして、僅か22.6kmに過ぎなかった。散歩熱が完全に冷めている。(17-06-04)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3823 ちょっと気がかり! | ホーム | 3821 藤井4段、絶体絶命の「必至」を逃れて際どく20連勝 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP