プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3826 歓喜と悪夢の競演

 昨日は長い一日だった。3局の将対局とプロ野球の交流戦を楽しんだ。少し疲れた一日だったが、連勝、連敗の歴史的な記録が依然として継続中だ。

1.独り言コラム
 この日の肘井爽太4段の3局の将棋は、10時、1時、そして3時半の対局開始が予定されていた。筆者は、2時半に草津の病院に所用があったことから、どのような形で3局の将棋の携帯中継を楽しむかに気を遣った段取りを組んだ。▲先ずは、10時からの都成竜馬4段戦は、早目の昼食を兼ねて、いつものファミレスで観戦した。内容は無難な快勝で気分よくして一旦自宅に戻った。何だか凱旋気分だった。▲2局目は、お昼過ぎに自宅を出て1時前に草津の病院に着いて、その病院前の駐車場で、坂口悟5段との対局の棋譜中継を観戦した。しかし、この対局は、土壇場で詰めをぐずり、あわや逆転負けではないかといった危ない展開となった。その時に車のドアをノックしてくれている看護婦さんに気付き、やきもきしながら、急いて待合室に移動した。そこで改めて結果を確認すると、何と辛くも勝っていた。まさに薄氷を踏む際どい22連勝だった。▲3局目は、宮本広志5段戦は、無事に自宅に戻っての観戦だった。内容はまずまずで比較的無難な勝利だった。かくして、棋界で史上単独3位の23連勝が実現した。あと5勝で史上最高記録の28連勝に到達する。▲羽生さんからも、ここまでくれば、史上記録を更新してほしいというメッセージがあったという。今後の日程では10日に叡王戦で2局、後は順位戦、朝日オープン、そして、28局目で20連勝した際の相手だった澤田真吾6段との再戦となっているようだ。あの20戦目の勝利は、昨日の22戦目以上に苦戦し、ほぼ負け将棋を粘って逆転したものだった。まさに、大きな山場となりそうだ。▲一方、11連敗中だった巨人軍の話題だが、昨日も西武に、いいところなく完封されて敗れて連敗、球団史上最悪の12連敗となった。まさに悪夢の嵐の中である。高橋由伸監督は、「全員が受け止めねば、…」なんて。語っていたが、虚しい響きである。それにしても、あれだけお金を使って集めた選手層の薄さを思う。どうなっているのだろうか。▲悪夢と歓喜の競演は筆者にはとても楽しい。かくなる上は、藤井4段には大台の30連勝、巨人軍には、セリーグ記録の16連敗、更にはプロ野球記録の18連敗(1998年のロッテが記録)の更新に期待している。列島は双葉山の69連勝の時のように沸くことになるだろう。筆者の格好の冥途の土産になリスだが、…。

2.プライベートコーナー
 4時半起床。体重、62.9kg。▲今頃の4時半と言えば、もう外は薄明るい。思えば、昨年の今頃は、この時間帯で朝の散歩をしていた。今は昔の話となるが、よくやっていたと改めて思う今日この頃である。(17-06-08)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3827 長期に渡る連続記録更新の大変さ | ホーム | 3825 今日も記録更新か? 連勝/連敗. >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP