プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3827 長期に渡る連続記録更新の大変さ

 記録には、陸上短距離走の100mのように、瞬発的な力の発揮で生まれる記録の一方で、長期に渡り積み重ねられて生まれる記録がある。今朝は、後者の記録についての現在進行中のトピックスである。

1.独り言コラム
 巨人軍は昨日も不甲斐ない大敗で敗れた。13失点での13連敗は実に皮肉である。この惨めな連敗、どこまで積み重ねてくれるのであろうか。アンチ巨人ファンの筆者も少し気になって来た。高橋由伸監督の表情を見ていると、陰鬱そうで勝つ気がしない。今夜からは場所を札幌に移して日本ハムと戦う。溜まりに溜まった鬱憤を晴らすことが出来るのだろうか。▲楽天の則本昴大投手が昨日も12奪三振で完投し、8試合連続2ケタ脱三振の記録を達成した。かつての野茂英雄投手の6試合を二つ上回り、世界記録に並んだ。わが滋賀県出身の誇るべき球界の英雄だ。▲阪神の鳥谷敬選手は、先日受けた顔面へのデッドボールにめげずに連続試合出場記録を更新中だ。あの時の顔面にマスクした異様な姿が印象に残っている。その時の執念というべきファイトは、素晴らしかった。昨日現在、1807試合連続試合出場である。衣笠祥雄2215試合までまだ408試合で3年近くかかるが、果たして追い越すことが出来るのだろうか。体力との闘いになりそうだ。▲中学生棋士、藤井爽太4段は、明日、今度は上京して、東京の将棋会館で叡王戦予選に登場する。勝てば、更に1局の機会が予定されていて、一気に棋界単独2位の25連勝となる。勝てば、対局数も一気に増えて来て、疲れが出始めているようにも思うだけに、勝ち進むのも大変な頑張りが必要だ。とにかく見えて来た史上記録の28連勝の更新を期待している。▲連続記録というのは、「運」も大きな要素の一つだ。先日の藤井4段の22連勝時の必敗からの相手の間違いも、勢いから生まれた「運」であった。途切れる時は、「アッ」という間に訪れる。幸運を祈りたい。

2.プライベートコーナー
 2時半起床。体重、62.9kg。▲雨が降った後の庭には、雑草がにょきにょきと顔を出す。彼らの生命力は強い。根こそぎ取られていないと一気に元気を取り戻し、元気な姿を見せて来る。彼らとの戦いは幾度も繰り返すことになる。連続記録ではないが、積み重ねの頑張りが必要なのだ。(17-06-09)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3828 全国都道府県ランキング/善戦する滋賀県 | ホーム | 3826 歓喜と悪夢の競演 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP