プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3835 岩盤

 大辞林の「岩盤」には、「地中の岩体。軟弱な堆積物の下にあって基盤となっている岩体」とある。

1.独り言コラム
 ここに来て、「岩盤規制」という言葉がマスコミを賑わしている。ネットのデジタル大辞泉によれば、「役所や業界団体などが強く反対していて、緩和や撤廃が容易にできない規制」とある。▲獣医学部の新設は、ここ半世紀以上の間、願いが叶わず、いわゆる岩盤規制の代表的な課題だった。今般、地方創生の大義も元、特区制度の適用で、漸くその岩盤にドリルが入れられて、新設が実現する運びとなった。▲その適用先が、学校法人「加計学園」で新設の検討が進められてきたが、そこに、いわゆる公平性を欠く対応があったのではとの問題が浮上した。つまり、そこに、いわゆる「総理の意向」の有無がクローズアップされるに至った。▲きっかけは、前川前文科省事務次官が「ある物を無いとは言えない」として、そのことが記載されている文書の存在を会見で明らかにしのである。その時点では、菅義偉官房長官は「怪文書のようなものだ」と切り捨てたが、野党からのしつこい追及もあって、文科省が再調査した結果、幾つかの文書の存在が明らかになった。▲昨日の参院の予算委員会で、集中審議が行われたが、政府の思惑通り、相変わらずのうやむやで終わった、タイミングの良い国会の閉幕でこの問題が沈静化するかどうか。成り行きが注目される。▲さて、話題が飛ぶが、岩盤と言えば、いろんな記録の中には、二度と破られないような凄い硬い岩盤のような記録が存在する。例えば、双葉山の69連勝、白鵬の38回の優勝、将棋の大山康晴第15世永世名人の1433勝、プロ野球の王貞治選手の868本塁打、イチロー選手の4326本安打(2017年6月14日現在)などは、いわゆる岩盤的な凄い大記録で、それを更新するのは至難の業である。ファンは、それらの更新を期待する一方で、それが破られないことを誇りにしている。▲ところで、今日行われる将棋の朝日オープン一回戦に登場する話題の中学生棋士藤井聡太4段は、将棋界の岩盤的な記録である神谷広志8段の28連勝の更新に向けて27連勝目を目指す。とにかくこの28連勝の記録は、ここ30年間も破られず、岩盤記録の代表的な一つだ。さあ、今日の戦いや如何? 相手は、今年の学生名人の藤岡隼太アマで(東大将棋部の一年生)、一時奨励会にいたという。棋士を目指していた東大生徒の注目の一局だ。早差し戦だけに番狂わせも有りうる。藤井天才の戦いぶりに注目である。

2.プライベートコーナー
 2時起床。体重、63.2kg。▲昨日は、長男が所用で帰省したので、久しぶりに近くのレストランで夕食を共にした。一方、厄介な病気で苦闘している静岡の妹は、新しい情報はなかったが、山を越えるべく頑張っているようだ。安堵と心配が交錯する一日だった。(17-06-16)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3836 過去、現在、未来の逸材 | ホーム | 3834 26連勝の歓喜の裏で、… >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP