プロフィール

相坂一考

Author:相坂一考
滋賀県大津市出身
07年1月に推理小説「執念」を文芸社から出版
14年7月に、難病との戦いを扱った「月の砂漠」を文芸社から出版

このブログは3部構成です。
 1.タイトルへの一言。
 2.独り言コラムで、キーワードから世の動きを捉えようと試みる。
 3.プライベートコーナー
   (2015-06-03に修正) 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

3841 安易な「足して2で割る」方法の効用

 もめごとや、厄介な問題の扱い方でよく用いられる手段が、「足して2で割る」という方法だ。安易なこの発想も役に立つこともあるのだが、…。

1.独り言コラム
 小池百合子都知事が出した築地市場の豊洲移転に関する方針は、二つの市場の顔を立てる「足して2で割る」ような案を示した。豊洲の安全性を確保して移転を行い、その後に、築地のブランドを生かして活用を目指すという2頭を追う方針だ。注目の都議会議員選挙は今日告示されるが、都民はどんな答えを出すのだろうか。▲そんなタイミングで、自民党の豊田真由子衆議院議員が、昨日発売の週刊新潮で自分の秘書に暴言を浴びせ、殴打するという異常な行状が暴露された。都議選への悪影響をされるために、自民党は、直ちに同議員に離党の対応をとった。このところ続く国会議員の不祥事への自民党のいつもの安易な対応で、これも、言ってみれば、「足して2で割る」ような安易な対応だ。余談だが、筆者は女優の豊田真帆のファンだが、この同姓の豊田真由子は東大卒、ハーバードで学んだ才媛だが、とんでもない食わせ者だった。▲東京オリンピック&パラリンピックで、ボート、カヌー、馬術の競技会場が設けられている中央防波堤埋め立て地の所属する「区」が決まっていない。。昭和48年に埋め立てが始まったが、オリンピックが決まって以降、江東区と大田区がともに帰属をめぐる主張が激しくなって来ている。オリンピックが始める前に結論を出さねばならず、どうやら二つの区が適当な比率で分割することになりそうだ。文字通り、「足して2で割る」対応だ。これは、お台場の扱いで採用されたと同じ手法で、その時には、江東区(75%)、港区(17%)、品川区(8%)の3区の分割だった。今回はどうなるのだろうか。▲来年の韓国での平昌オリンピックについて、韓国は一部の競技について北朝鮮での開催、および女子アイスホッケーチームについて南北統一チームを結成するという提案を持ち出してきている。バッハIOC会長も前向きのようで今後の展開が注目されている。これも、ある意味で、「足して2で割る」考え方の範疇に属するだろう。北朝鮮の出方が注目される。▲この「足して2で割る」考え方は、北方領土問題のように国家間の領土問題は、なかなかそういうわけにはいかない。

2.プライベートコーナー
 3時起床。体重、62.7kg。▲長く使ってきていたアイロン台も老朽化してきたので、先日新しいものに買い替えた。しかし、その古いものは、亡き妻がずっと使っていたものだけに、すんなりと捨てるに忍びなく、そのまま保管することにした。複雑な心境と申し上げておこう。(17-06-23)
関連記事
スポンサーサイト

<< 3842 麻央さん逝く | ホーム | 3840 遂に、28連勝! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP